1. まとめトップ
  2. 雑学

今まで数百人が自殺しているエッフェル塔―フランス

フランスのパリにある観光名所のエッフェル塔。東京タワーと違って、これまでに数百人以上が死亡している自殺の名所でもあります。

更新日: 2015年03月31日

19 お気に入り 137533 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yamadayamaさん

フランスの首都パリにあるエッフェル塔は観光スポットとして有名だが、同時に自殺の名所としても知られていた。

現在は自殺防止のための防護柵が設置されており自殺者は減少しているが、AFP通信によるとそれまでは年間4-5件の自殺が起きていたという。

2003年の11月22日にエッフェル塔を訪れた女性の日記には、「ガイドさんによると、『今年エッフェル塔が出来てから412人目(?)の自殺者が出たばかり』だそう」と記されている。

08年にも自殺者が

2008年の2月6日にも、女性が転落防止ネットをくぐり防護柵を乗り越え、高さ50メートルにあるエッフェル塔の1層目から身を投げた事件が起きている。

また自分の名前を売るためのパフォーマンスとしてエッフェル塔から飛び降りる人もいるが、2005年の2月15日に飛び降りたノルウェー人は、途中でモニュメントにパラシュートが引っ掛かり死亡している。

最古の飛び降り死亡者は発明家

1912年には発明家フランツ・ライヒェルトがエッフェル塔から飛び降りて死亡した。ライヒェルトの場合には自殺ではなく、自身のパラシュートにも似た発明品の効果を示すための実験だった。

ライヒェルトが飛び降りるまでの一部始終はカメラで記録されており、衝撃映像として歴史に残っている。

自殺をしようとする男性

騒動に巻き込まれた観光客が撮影した動画です。最終的に男性は飛び降りません。

1