1. まとめトップ
  2. 雑学

絶滅した動物

絶滅は動物好きにとって悲しいことですね。人間のせいで絶滅する種がなくなることを願います!

更新日: 2016年09月08日

asknsnさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
269 お気に入り 817209 view
お気に入り追加

白亜紀の北米大陸に生息していた恐竜である。2003年にアメリカ合衆国サウス・ダコタ州で発見されたが、その頭骨が、あまりにも伝説や「ハリー・ポッター」シリーズに出てくる西洋の竜(ドラゴン)のそれに酷似していた為、(草食恐竜であり、また二足歩行動物ではあるが)2006年にロバート・バッカーによって、ラテン語で「ホグワーツの竜王」を意味する学名を付けられ、記載された。

ミヤココキクガシラコウモリ(宮古小菊頭蝙蝠、学名:Rhinolophus pumilus miyakonis)は、翼手目キクガシラコウモリ科に属するコウモリ。宮古方言でカートゥイとも呼ばれる。日本固有亜種(種としても固有種)であり、宮古島及び伊良部島に生息していたが、2012年絶滅種に指定された。

ゴクラクインコ(英名PARADISE PARROT)の名は、その姿の美しさ故につけられた。ゴクラクインコを飼うことは、イギリスで大ブームになったが、そこで繁殖するというわけにはいかなかった。ゴクラクインコは飼うのが難しく、短期間で死んでしまう上に、蟻塚に巣を作るという(室内での繁殖には致命的な)習性があったのである。観賞用としての乱獲に加えて、牧場や移入動物によってゴクラクインコの生息環境が破壊されたためである。1921年に一組のつがいが発見され、1927年には卵を孵すところも確認されたが、やがて巣を放棄して姿を消した。卵はみな腐っていた。それ以降、ゴクラクインコの姿を見た者はいない。

ウシウマは、種子島などで飼育されていた日本在来馬の一品種で絶滅した小型の家畜馬。1598年(慶長3年)、慶長の役で明軍が使役していたものを島津義弘が朝鮮半島から持ち帰ったのが始まりともされるが、その起源には不明な部分が多い。1946年(昭和21年)6月頃、西之表で飼育の最後の個体が死に、ウシウマは絶滅した。

カリブ海・小アンティル諸島のバルバドス島に生息していた。18世紀中期にはすでに、バルバドスアライグマは農産物に被害を与える害獣として駆除の対象になっていた。農地開発によってバルバドスアライグマの生息地は減少していった。人間のゴミを漁っていたともいうが、生息地減少の影響に伴う悪循環の一つと考えられる。そして、19世紀以降の毛皮産業の発展や、ペットとしてのアライグマの人気によって、バルバドスアライグマは乱獲され減少の一途をたどった。1970年に絶滅したとされている(1964年説もある)。

およそ3600万~2400万年前(新生代第三紀の始新世末期から漸新世後期)に、中央アジアから中国、東ヨーロッパにかけて生息していたサイ科の巨大な哺乳動物。現在、学名はパラケラテリウムに変更されているが、旧名であるインドリコテリウムと呼ばれる事も多い[1]。これまで地球上に現われた最大の陸生哺乳類とされる。サイの仲間であるが、角はなく、首が比較的長かった。

ロンサム・ジョージ!1頭もガラパゴスゾウガメがいなくなってしまったとされていたピンタ島で1971年に60年ぶりに発見された雄のゾウガメ(発見時は2頭であったが、1頭は発見後まもなく死んでしまった)であったが、2012年6月24日に飼育先で死亡しているのが見つかった。DNA鑑定によれば確かにピンタ島固有の亜種であり、他のどのゾウガメとも違う遺伝子である。体重88kg、体長102cm。

こんな画像しかありませんでした。パナマ共和国のパナマ運河の西南約200kmにあるアスエロ半島に生息。
手は4本で親指がない、シッポの先は毛がなく滑りにくいので、物に巻きつけるには便利だった。性格はいたっておだやかでペットにしていた人が多かった。
捕獲されたアスエロチュウベイクモザルは、1960年代以降は生態実験用サルにもなった。小ザルを捕まえるため親ザルを殺すこともしばしばあったそうだ。先住民はペットにしたり毒矢で殺して食料にもした、毒矢で撃たれても手足や尾で木にぶらさがって地上に落ちないサルもいたらしい。1990年に絶滅。

オーストラリア南部に生息。シマワラビーは走力、ジャンプ力、バランス感覚、危険察知能力など高く、超一流のアスリートのような動物だった。
・19世紀頃に移住してきたヨーロッパ人が開拓を始め住みかを奪われた。
・移民の家畜を襲う害獣としてきらわれ、1頭につき6ペンスの報奨金がかけられた。貧しい移民たちにはいい収入源になってしまい、ワラビ-狩りが始まってしまう。さらに独特な模様の毛皮も高く売れてこぞって捕獲するようになってしまった。
等色々な原因があり、1931年に絶滅。

探検家やラッコ猟の猟師が食用として乱獲したことにより、1852年頃に絶滅したとされる。

現在の南アフリカ共和国にあたる地域に生息していた。メスの剥製標本で全長264cmという記録があり、バーバリライオンと並ぶ最大のライオンとされることもある。
南アフリカは当初オランダ人が沿岸部に進出し、後からイギリス人がやってきた。オランダ人(アフリカーナーと自称した)はイギリスの支配から逃れるために先住民と戦って内陸に移動し、1852年にトランスヴァール共和国、1854年にオレンジ自由国を建設した。また南アフリカは当時から鉱物を豊富に産出していたため、それだけ人間による開発も盛んであった。これらの事情によりケープライオンの生息地は減少し、1865年を最後に絶滅したとされる。

更新世末期にあたる約4万~数千年前に、多くの大型哺乳類と共にマンモスは絶滅した。

習性
柔軟な体で、泳ぎが大得意。6mの深さまで潜り、30分も潜水ができた。爪は獲物を捕るため鋭かった。
絶滅の原因
先住民によって食用のための肉と装飾品用の毛皮のため捕獲された。ミンクは犬によって岩の割れ目に追い込まれて、掘り出され、燻しだされ捕らわれた。
1894年に絶滅

アルゲンタビスは600万年ほど前、現在の南米アルゼンチンに棲息していたとてつもなく大きなコンドルです。空を飛ぶ鳥類の中では地球史上最大と言われ、体重は70〜100kg、120kgとも言われる。翼長は最大8m。

ヒト上科の絶滅した属の一つである、大型類人猿。 身長約3m、体重約300- 540kgに達すると推測される。現在知られる限り、史上最大のヒト上科動物であり、かつ、史上最大の霊長類である。30万年前あたりを境にしてそれ以降確認されない。

今から8500万年から6500万年前の白亜紀後期にいた恐竜の一種で、最大級の肉食恐竜の一つ。体長は11~15mほどで体高は5mほど、体重は5~6トンぐらいだと推測されています。白亜紀の終わりに生命の大量絶滅があり、そのなかでティラノサウルスなどの恐竜も絶滅しました。

中生代白亜紀後期の約7,900万 - 約6,500万年前に生息していた肉食海棲爬虫類の絶滅した属。恐竜ではなく爬虫類の仲間です。

1768年に2、3頭残され ていたカイギュウを殺したと報告があり、これを最後に確 かなステラーカイギュウの目撃は途絶えています。残念ながら北の海にひっそりと棲んでいたおとなしいカイギュウは、ステラーの発見後わずか27年後絶滅に 追いやられてしまいました。

スペインアイベックスというヤギの亜種、ピレネーアイベックス(ブカルド)は、狩猟の対象とされ、200年の間に個体数が激減し、最後の1頭は落下した木の枝にぶつかって2000年に絶滅。

揚子江カワイルカは中国では「水中パンダ」、「長江女神」とも言われている、約2000万年前に太平洋から揚子江へ移動してきた種。

 もともと揚子江のみの固有種で個体数が少なかったヨウスコウカワイルカは、近年の中国の経済発展で揚子江沿岸が開発されるに伴い、急速に数を減らし続け1986年には300頭、1997年には13頭、1998年には7頭になり、2006年には1頭も確認できず2007年絶滅宣言された。

遊牧民・ベドウィン人達の生きるためのパートナーであり、栄養源だったシリアノロバは、1914年に第一次世界大戦が始まると、ヨーロッパの兵士が攻め込み、ベドウィン人達を殺害。人間同士の争いに巻き込まれたシリアノロバは短期間で激減してしまう。
1927年絶滅。

約4500万年~3600万年前
「史上最大の陸生肉食獣」と称される獣。
その頭蓋骨は長さ84cm、幅は56cmもあったという!

中生代白亜紀後期カンガニア期(約7,500万年前)に生息していたカメ。全長約4m、甲長2.2m、頭骨長約80cm、全幅5m弱。体重は2tにも達したと推定される。現在知られている最大のウミガメである。

スミロドンはアメリカ大陸に生息していた。ユーラシアからは知られていない。サーベルタイガーの中でも最も新しい種族であり、およそ1万年前まで生存していたようだ。

ニホンオオカミ絶滅の原因については確定していないが、おおむね狂犬病やジステンパーなど家畜伝染病と人為的な駆除、開発による餌資源の減少や生息地の分断などの要因が複合したものであると考えられている。1900年頃絶滅。

14世紀にポリネシアから移住してきたマオリ族の人々は、肉を食用にし、羽を装飾品とするためにジャイアントモアを多く狩った。絶滅の年代は1770年ごろとされている。

タスマニアタイガーとも呼ばれる。人間の家畜などを襲ったため目の敵にされ1936年に絶滅。

乱獲が主原因で1840年代または1850年代頃に絶滅した。

出典labaq.com

クアッハーと鳴くことからこの名前がついたそうです。開発や乱獲により数を減らし、1882年8月12日に絶滅が確認されました。

1 2





動物が好きです。
・動物系まとめ
http://bit.ly/QSa2Ra
・料理系まとめ
http://bit.ly/OI4Xau
・デザイン系まとめ
http://bit.ly/OI5Dwn



  • 話題の動画をまとめよう