1. まとめトップ

ウエリントン眼鏡ってなんだろう

ここ数年、おおぶりのメガネをかける人って多くなりましたよね。代表格のウエリントンについてまとめました。

更新日: 2012年12月09日

52 お気に入り 411472 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

oxdabさん

ウエリントン眼鏡とは

ウエリントンメガネとは「玉型(リムの形状)が基本的には台形であり、上辺が下辺よりも長い」フロントデザインのもので、腕がフロントの最上部から出ているものを呼びます。

映画俳優のジョニーデップさんがかけたということで、ウェリントンメガネは一躍脚光を浴びました。

名前の由来

【説1】ニュージーランドの都市から?

ウェリントン(英語: Wellington、マオリ語: Te Whanga-nui-a-Tara)はニュージーランドの首都。同国2番目の都市圏で、オセアニアの首都の中では最も人口が多い。

【説2】ウエリントンブーツから?

19世紀に初代ウェリントン侯爵アーサー・ウェルズリー(Arthur Wellesley)がヘッセン・ブーツをもとに作らせて広めた。子牛の皮で作った膝丈の戦闘用のブーツを起源とする。のちに広まったくるぶしまでの丈のズボンに合うよう改良された。1852年にはゴムで防水性のものが作られて一般に広まった。wellieとも呼ばれる。

【説3】人物名から?

写真はまったく関係がないサンジェルマン伯爵ですが、ウエリントンさんという方がいらっしゃったのでしょうか?

【説4】バックから?

写真はボストンバック。ボストン型のメガネ名が、ボストンバックに由来するという説があるので、ウエリントンメガネもバックに由来している?

・・・結局はっきりしていないよう

なぜ「ウエリントン」というのかわからないのですが、ボストン型がボストンバッグに由来するという説もありもしかしたら四角いバッグをウエリントンと呼んだのか、ウエリントンブーツに由来するのかニュージーランドの都市に由来しているのか…その語源は謎です。

人々のイメージ

このウェリントンという形は、日本では1950年代(昭和30年頃)に大流行した、いわゆる昭和の雰囲気ムンムンのものなんです。

ウエリントン眼鏡をかけた有名人

1