1. まとめトップ

盛岡駅から徒歩でぶらぶら観光!

岩手の県都 盛岡です。三陸の幸も集まってくるし、歴史もあるし見どころの多い街です。とりあえず、駅から半径2キロ、徒歩30分圏内をめどに紹介です。

更新日: 2016年12月13日

m_mskさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
218 お気に入り 780358 view
お気に入り追加

駅周辺の情報から。

岩山展望台から望む盛岡中心部
http://www.geocities.jp/kfuji_taxi/town/tenboudai.htm
この辺りをぶらぶらしていきます。

新幹線と在来線が乗り入れる岩手の玄関口。
秋田や宮古などの岩手沿岸部、青森にも内陸と沿岸に向かうルートの起点となる要衝でもあります。
http://www.jreast-timetable.jp/timetable/list1565.html

岩手を代表する牛肉 前沢牛をふんだんに使った弁当。
http://www.nre.co.jp/ekiben/morioka.shtml

まずは 盛岡駅から開運橋を通って盛岡城方面を目指します。途中、飲食店街の菜園を通り抜ける感じですね。

http://www.pyonpyonsya.co.jp/hot_jaja.html
--> 盛岡じゃじゃ麺のルーツは、中国大陸の炸醤麺で、熱いうどんに肉味噌がのったもので、数十年前に盛岡に渡ってきました。 食べる直前にラー油、おろしニンニクなどの調味料を加え、お好みの味で楽しめます。 また、麺を食べた後、仕上げに「チータンタン」という玉子スープをいただいて、お食事が完結するのも独特です。 盛岡じゃじゃ麺 当店では、コシがあり喉越しのよい自家製の手打ち麺に、くるみと黒ゴマを隠し味…

http://kuzumaki.jp/?page_id=1508
葛巻産の牛乳を使用したヨーグルトが人気。
食べログ岩手 ベストスイーツ2012 第1位!

http://www.iwatetabi.jp/spot/detail/03201/1079.html
石割桜 (いしわりざくら) 盛岡地方裁判所の構内にある 石割桜 は、 盛岡のお国自慢をするとき、「石割桜こそ日本一の名桜」などといって、 よく取り上げられる珍しい桜です。 巨大な花崗岩の岩の狭い割れ目に直径約1.35メートル、 樹齢が360年を越えるといわれるエドヒガンザクラが生育しているのです

http://www.moriokashiroato.jp/
盛岡城跡公園について 江戸時代、南部藩の城下町として栄えた南部盛岡の不来方城を公園として 今に至っています。 関東以北の石垣組の平城としては、最大の規模を誇っています

紅葉の見どころでもあります。

http://www.morireki.jp/
もりおか歴史文化館を中心に、盛岡城跡と城下町(中心市街地)を屋外展示としてとらえ、
地域へと広がるミュージアムづくり、活動展開を実施します。

パスタのお店。写真は アラモンタン
ピリ辛のトマトソースですね。
http://tabelog.com/iwate/A0301/A030101/3001047/
個人的には風変わりなカルボナーラが病みつきです。

盛岡城からさらに奥へ進んで中ノ橋周辺ですね。

http://www.odette.or.jp/citykankou/ka_c_me_ki_i/ka_c_me_ki_i.html
岩手銀行中ノ橋支店(旧盛岡銀行) 旧盛岡銀行である岩手銀行中ノ橋支店は、 市街地の中心部に位置し中津川・中の橋と一体となって盛岡の代表的な景観を形成しています。 東京駅の設計者である葛西萬司(1863〜1942 盛岡市出身)が設計しており、 外観が東京駅に似ています

http://www.wankosoba-azumaya.co.jp/
盛岡そば処東家は創業が明治40年-。 親しみやすい庶民のそば料理店として、南部ご城下の下町情緒を色濃く残す中ノ橋通(旧・葺手町)に三代営業をつづけて参りました。初代から割烹料理とともにそば料理にも自慢…

http://www.city.morioka.iwate.jp/moriokagaido/rekishi/kenzobutsu/003411.html
盛岡市保存建築物。現在は雑貨店としても。
重厚なかわら屋根とくの字に折れ曲がる建物が特徴。
江戸~明治期の築。
お店のHPは以下。
http://morioka539.com/

1 2





出張のついでにグルメと観光
1時間空いたなって時にスーツを着たままでふらっと行きたい!
駅近(徒歩30分・半径2キロ圏)の観光・グルメ覚え書きってことでまとめてます。よろしくー