1. まとめトップ

肌トラブルになるお菓子は

美肌には健康的な食生活が望ましいなんて言われますが、やっぱり甘いお菓子は止められません。美肌を保ちながら、大好きなお菓子と上手く付き合っていくためにはどうすれば良いのでしょうか?

更新日: 2012年03月31日

42 お気に入り 63927 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

P.okanさん

調査結果によると「肌トラブルがない」と回答した人のうち
最も多かったのは、お菓子をほとんど食べない人
ということが明らかになりました。

一方でお菓子を良く食べる人のうち、肌トラブルがないと
答えた人はたったの5%と少人数に。

お菓子と肌トラブルの因果関係は確かにあるようです。

■肌トラブルを回避できるお菓子はドライフルーツやガム!

肌トラブルがない人が食べるお菓子の種類を調べたところ、
「ドライフルーツ、煮干しや酢昆布など素材系」もしくは
「ガム」が全体的に多く見られました。

クリームたっぷり、甘すぎる、というお菓子より、
甘みが控えめのお菓子の方がやはり安心です。

■だらだらと食べるのではなく、疲れたときなどの
栄養補給として食べる!

勉強の合間にチョコレートを食べるといったように、
「運動や勉強の栄養補給として食べている」と回答した人は、
最も肌トラブルが少ないことが明らかに。

一方で、「だらだら食べる」「ご飯の代わりに食べる」人は、
肌トラブルに悩まされる傾向があることが分かりました。

肌トラブルになるお菓子はどれ?
http://www.biranger.jp/archives/33538

■甘いスナック菓子ほど、甘いわながある

見た目は軽そうなスナック菓子にも、実は大量の油が使われています。

スナック菓子の裏側にある成分表示を見てください。
「脂質」の項目をみると、目を疑うほど大量の油分が使われていることに気がつくはずです。
10グラムや20グラムもの、油です。

これはどのくらいの量かというと、20グラムで大さじ2杯分です。
スナック菓子1箱分は、脂っこい1回の食事にも相当します。

■ケーキは、油の塊

ケーキは、油の塊のようなものです。
特別な日を除いて、普段から食べていると、あっという間ににきびが悪化します。
お菓子ほどおいしいものはありませんが、お菓子ほど肌に悪いものもないのです。

甘いスナック菓子ほど、甘いわながある
http://www.happylifestyle.com/10885

甘い物を食べたいときには、
スナック菓子より果物を食べよう。

1