1. まとめトップ
1 お気に入り 955 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

須藤元気
>時間について
スケジュールはあまり決めすぎないようにしたほうがいいのではないかと思います。トイレだって無理しても出ないではないですか。哲学的に言うと、出したいときが出るときなのです。

好きなことを仕事にして生きている人は歳をとっても若若しいはずです。気持ちも若いし肉体的にも若い。ドモホルンリンクルを使っていなくても肌につやがあります。

人生なんて所詮はギャグですから、人は皆ダチョウ倶楽部です。

報酬はお礼だ、報酬が少ないのは役に立ってないんだな。

背伸びなんてすんじゃねぇ。
いつか疲れてしゃがみ込むだけだ。
慌てんじゃねぇよ。
いつか息が切れるだけだ、ゆっくり行け。

ちょっと位ミスったっていいじゃないか、殺されるわけじゃあるまいし。
落ち込んでる暇があったら前にいけ。

長渕剛
生きて生きて生きまくれ!お前の命は生きるために流れている

朝日ビール会長 樋口廣太郎 仕事十則
1、基本に忠実であれ。基本とは、困難に直面した時、志を高く持ち初心を貫くこと。
常に他人に対する思いやりの心を忘れないこと
2、口先や頭の中で商売をするな。心で商売せよ
3、生きた金を使え。死に金を使うな
4、約束は守れ。守れないことは約束するな
5、できることとできないことをはっきりさせ、「イエス」「ノー」を明確にせよ
6、期限のつかない仕事は「仕事」ではない
7、他人の悪口を言うな。悪口が始まったら耳休みせよ
8、毎日の仕事をこなしていく時、「今何をすることが大事か」ということを常に考えよ
9、最後までやり抜けるか否かは、最後の一歩をどう克服するかにかかっている。
これは集中力をどれだけ発揮できるかによって決まる
10、二人で同じ仕事をするな。お互いに相手がやってくれると思うから「抜け」がで
きる。 一人であれば緊張感が高まり、集中力が生まれてよい仕事ができる

電通鬼十則
1)仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。
2)仕事とは、先手先手と働き掛け、受身でやるべきではない。
3)大きい仕事と取り組め。小さい仕事は己を小さくする。
4)難しい仕事をねらえ。それを成し遂げるところに進歩がある。
5)取り組んだら放すな。殺されても放すな。
6)周囲を引きずり廻せ。引きずるのと引きずられるのとでは、長い間に天地の差が出来る。
7)計画を持て。長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と正しい努力と希望が生まれる。
8)自信を持て。自信がないから君の仕事は迫力も粘りも厚みすらもない。
9)頭は常に全回転。八方に気を配って一分の隙があってはならぬ。サービスとはそのようなものだ。
10)摩擦を恐れるな。摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと、きみは卑屈未練になる。

電通裏十則
1)仕事は自ら創るな。みんなでつぶされる。
2)仕事は先手先手と働きかけていくな。疲れるだけだ。
3)大きな仕事と取り組むな。大きな仕事は己に責任ばかりふりかかる。
4)難しい仕事を狙うな。これを成し遂げようとしても誰も助けてくれない。
5)取り組んだらすぐ放せ。馬鹿にされても放せ、火傷をする前に…。
6)周囲を引きずり回すな。引きずっている間に、いつの間にか皆の鼻つまみ者になる。
7)計画を持つな。長期の計画を持つと、怒りと苛立ちと、そして空しい失望と倦怠が生。
8)自信を持つな。自信を持つから君の仕事は煙たがられ嫌がられ、そしてついには誰からも相手にされなくなる。
9)頭は常に全回転。八方に気を配って、一分の真実も語ってはならぬ。ゴマスリとはそのようなものだ。
10)摩擦を恐れよ。摩擦はトラブルの母、減点の肥料だ。でないと君は築地のドンキホーテになる。

ソニー開発18カ条
第1条:客の欲しがっているものではなく客のためになるものをつくれ
第2条:客の目線ではなく自分の目線でモノをつくれ
第3条:サイズやコストは可能性で決めるな。必要性・必然性で決めろ
第4条:市場は成熟しているかもしれないが商品は成熟などしていない
第5条:できない理由はできることの証拠だ。できない理由を解決すればよい
第6条:よいものを安く、より新しいものを早く
第7条:商品の弱点を解決すると新しい市場が生まれ、利点を改良すると今ある市場が広がる
第8条:絞った知恵の量だけ付加価値が得られる
第9条:企画の知恵に勝るコストダウンはない
第10条:後発での失敗は再起不能と思え
第11条:ものが売れないのは高いか悪いのかのどちらかだ
第12条:新しい種(商品)は育つ畑に蒔け
第13条:他社の動きを気にし始めるのは負けの始まりだ
第14条:可能と困難は可能のうち
第15条:無謀はいけないが多少の無理はさせろ、無理を通せば、発想が変わる
第16条:新しい技術は、必ず次の技術によって置き換わる宿命を持っている。それをまた自分の手でやってこそ技術屋冥利に尽きる。自分がやらなければ他社がやるだけのこと。商品のコストもまったく同じ
第17条:市場は調査するものではなく創造するものだ。世界初の商品を出すのに、調査のしようがないし、調査してもあてにならない
第18条:不幸にして意気地のない上司についたときは新しいアイデアは上司に黙って、まず、ものをつくれ

1