データを残しましょう

遺影になるとき写真は大きく引き延ばされます。
写真から作成するとどうしてもぼけてしまいます。
ですから、デジカメならデータを、フィルムならネガを残して、写真と一緒にほかんしておきましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【生きた証】自分[親]の遺影を撮ろう!のススメ。【自分らしさ】

つまり、『気に入らない写真が末代まで飾られ続けるなんて絶えられない!!』ということ。

このまとめを見る