1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

2012年新型「Mac Book」の噂まとめ【6月11日発表か】

発表は2012年6月11日からのWWDC??気になる動向まとめ

更新日: 2012年05月16日

14 お気に入り 162932 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dsdさん

驚愕するような新しいディスプレイを搭載している「MacBook Pro」がWWDC 2012で登場(5月16日)

「MacBook Pro」および「iMac」の双方において、ディスプレイに超高解像度「Retinaディスプレイ」が搭載される

2012年のアップルのWWDC2012、1年の中でも最も重要なイベントが6月11日から15日にサンフランシスコのMoscone Westで開催

これまでの伝統として、WWDCでは必ず重要な新しい「何か」が発表されます。
それが「ハードウェア」なのか「ソフトウェア」なのかは年によってまちまちですが

次世代MacBook Proの発表があると思う理由

WWDC 2012はアップルの次世代MacBook Pro を発表する格好の機会です。デベロッパーにMacBook Proが好まれているだけでは無く、デベロッパーたちはアップルにとっての最高の消費者でありプロフェッショナルです。

米Intelは現地時間2012年4月23日、「Core i」シリーズの第3世代となる「Ivy Bridge」(開発コード名)を正式発表

数カ月以内に、同社が提唱するノートパソコンの新カテゴリー「Ultrabook」デバイスや、サーバー、小売および医療業界向けシステムでの採用を想定したIvy Bridgeもリリースする。

Ivy Bridgeプロセッサは第1弾に続き、今年後半に第2弾として「主力ノートPC」向けデュアルコア製品をリリースするという。(4月20日)

新しいMacBook Proシリーズは、現行のMacBook Air同様、光学ドライブやハードディスクを排除して、SSD(Solid-State Drive)を搭載するとの見方が強い。これにより、現行モデルよりも薄型のデザインが可能になる。さらに、Appleが今後リリースするラップトップ型モデルに、高解像度の「Retina」ディスプレイを採用するとの噂も出ている。

Ivy Bridge第1弾はデスクトップ向け、新iMacが登場か(4月20日)

「Ivy Bridge」の第1弾を来週正式発表するとの報道を受けて、Macユーザー達は「MacBook Pro」の新モデルの登場に期待しているが、この期待は空振りに終わるかもしれない。

Macbook用Ivy Bridgeは第2波の6月に発表か?(4月18日)

第1弾は4月23日に発売される予定で、第2弾は6月となる可能性が高い。このタイムフレームで、多くのIvy Bridge搭載ノートPCの発表が予想されている。

インテル、「Ivy Bridge」を米国時間4月23日に発表か (4月13)

Appleがより薄型の15インチモデルの「MacBook」と13インチのMacBookを今後数カ月のうちに発売するとうわさされている。これらのシステムには、電力効率が改良されたIntelのIvy Bridgeチップが搭載されるものと思われる。

新しいMac Bookはスリムな15インチになることが判明。(4月9日)

新しいMacBook Proは最近のUltraBookの影響を受けて薄型デザインになるようです。そして今月の中旬から量産開始とも伝えています。

「MacBook Air」タイプの薄型「MacBook Pro」が今月登場か

台湾のDigitimesは4月3日、米国Appleが「macbookAir」のような薄型、軽量スタイルの「MacBook Pro」をリリースする準備を進めていると報じた。この新しい15インチ・モデルは、4月中旬までに出荷されるという

新しいMacBook Proには、こちらも今月発売予定のIntelの新プロセッサ(Ivy Bridge世代)が採用されると考えられる。IntelがIvy Bridgeチップの出荷を遅らせたことに伴い、AppleのMBPリリースも延期されていた可能性がある。Digitimesによれば、新たな15インチ型MacBook ProはMacBook Airのスタイルを踏襲していると考えられている。すなわち、光学式ドライブも従来のハードディスク・ドライブも取り除かれ、代わりにフラッシュメモリ・ドライブ(SSD)が搭載される見込みだ。SSDへの移行は、マシンの高速化という点ではメリットになるが、ユーザーの求めるストレージ容量が一定以上になる場合は問題になるだろう。現在、MacBook Airのフラッグシップ・モデルはストレージ容量が256GBだが、一方で15インチ型MacBook Proは最大で750GBのストレージを搭載している。

「DigiTimes」サイトは、“新しい薄型15インチMacBook Pro”は、月間での販売台数が20万台に、13インチの新型MacBook Proは同30万~40万台に達すると予想した。ここ数カ月の間、2012年中にmacbookがアップデートされるだろうという話がAppleのサプライチェーン情報筋から何度も出ており、例えばPiper Jaffrayのアナリストであるジーン・マンスター(Gene Munster)氏は、新しいMacBook Airは3月にリリースされると予測していた(同氏の予測は、IntelがIvy Bridgeプロセッサの出荷を延期する前になされていた)。macbookPro製品ラインが最後にアップデートされたのは2011年10月のこと。このときAppleは、一部のMacBook Proのプロセッサやグラフィック、HDDをひそかにアップグレードし、価格は据え置きとした。

4月からガンガン作るよ!新型MacBook Proの量産間もなく開始!

やはり新型MacBookProは4月から量産開始で5月発売はほぼ間違いなしって感じになってきましたよマジで!
記事で気になるのは13インチモデルの注文台数が15インチに比べ遙かに多いという部分。PowerBookProの売れ線は15インチじゃないの?というより仮に13インチが売れるとしても「遙かに多い」ってなんとも不思議なんですけど・・・

Mac Book Air??/3月29日

13インチ版はIvyBridgeでもデュアルコアとの事なので、これはもしかしたらMacBookAirの事なんじゃないの?って気がしますね。だとしたらデュアルコア版IvyBridgeで遙かに多い注文数というのも納得です。肝心のデザインなど(光学ドライブ無しやUSB3.0搭載など)の情報は無いのですが、来月の今頃は発売直前情報の噂が飛び交ってそうですわマジで!

次期MacBook Proの15インチモデルの量産は4月から開始か?!/3月29日

本日、DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋によると、Appleが4月に新しいMacBook Pro 15インチモデルの量産を開始するようだと報じています。

13インチモデルの量産は6月までは始まらない。

13インチモデルにはIvy Bridgeプロセッサのデュアルコアモデルを搭載すると予想され、そのプロセッサが6月3日に発売と言われている事から13インチモデルの量産が6月まで開始されない事は妥当だと思われます。
なお、この次期MacBook Proについてはより薄くなると噂されていますが、今回の情報では特にデザインについては何も報じられていません。

Apple、やはり薄型のMacBook Proを発売か?!/3月16日

本日、DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋によると、Appleはより薄くする為にMacBook Proから光学ドライブを省くようだと報じています。ここで話に挙がっているのは13インチと15インチモデルで、新しいMacBook Proは薄くなるものの、スペックやストレージ容量はMacBook Airよりも高スペックになるようです。
また、既に生産が開始されているようで、3月にも出荷が開始され、最初の月間出荷台数は10万~15万台が予定されており、最終的に90万台/月まで増加すると言われているようです。

発表は2012年4月29日??気になる動向まとめ

【噂】Apple、15インチMacBook Airを2012年4月に発売!?

とあるMacアクセサリーメーカーの話では、Appleが2012年4月にも噂されている MacBook Air の15インチモデルを発売する「可能性」があるようだと、Electricpig が伝えています。

そのMacBookドッキングソリューションの開発企業の関係者によると、15インチMacBook Airは、両側にポートがあり、光学ドライブやイーサネットポートはなく、現在の MacBook Air に似ているそうです。現在、その新しい15インチMacBook Airは「スタンバイ状態」で、90日以内にリリースされると革新しているようです。

【噂】Ivy Bridge世代のIntel Core i5/Core i7プロセッサ搭載の薄型15インチMacBook Proがで2012年4月末までに登場!?(3/15)

How To Arenaが、来月4月末までにApple がIvy Bridge世代のIntel Core i5/Core i7プロセッサを搭載した、新しい薄型の15インチ MacBook Pro を発表すると計画だと伝えています。

その薄型の15インチ MacBook Proは、MacBook Air よりは厚くなり、Core i3プロセッサが採用されるかはわからいそうです。(※ 2011年11月発売の MacBook Pro (15-inch, Late 2011) は、全てのモデルがクアッドコアIntel Core i7搭載。13インチモデルは、デュアルコアCore i5/i7採用。)

2012年Q1にMacBook Air新モデルが登場予定

Appleから、2012年Q1に、11.6インチ、13.3インチ、15インチのMacBook Air新モデルが登場するとのこと
Ultrabook対抗となると見られ、新たに15インチモデルも追加されています

新モデル登場前には既存モデルの値下げが行われるとみられています
$100前後の値下げが既に見られるそうで、値下がり幅は小さくないですね
Ultrabookとさらに差をつけるのか、どのような製品になるか楽しみなところですね

MacBook Pro, Air の新モデルは2012年4月発売?

Electricpigの記事によると、2012年4月(来月なのでもうすぐですね)にMacBook Air 15インチモデルが発売されるだろうとのことです。これはあるベンダーからの情報によるものだそうですが、MacBook Air 15インチモデルの登場により、MacBook Proはマイナーな存在になることが予想されます。新しいMacBook Proのラインアップがどうなるのかはまだわかっていませんが、17インチモデルだけになるかも知れないとのことです。

MacBook AirおよびMacBook Proの新モデルはインテル社のIvy Bridgeプロセッサを搭載することが予定されています。ところが、このIvy Bridgeはもともと4月量産出荷開始予定だったものが、生産の遅れにより6月になると言われています。

DigiTimesの記事「Intel to postpone mass shipments of Ivy Bridge processors」によると、IvyBridgeの生産は遅れているものの、インテル社は4月上旬に発表および少量出荷する予定であるとのことなので、これがMacBook Air 15インチモデル用だとするとつじつまが合います。

新しいMacBook AirがMacBook Pro 13、15インチモデルを完全に置き換えるのかどうかはまだわかりませんが、初のIvy Bridgeプロセッサ搭載パソコンであり、Macでは初めてUSB 3.0をサポートするということで大きな注目を集めることになりそうです。

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1