1. まとめトップ

遊戯王の都市伝説

遊戯王の都市伝説ぽいもののまとめです。

更新日: 2012年05月08日

tosidenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
17 お気に入り 148168 view
お気に入り追加

『遊☆戯☆王』(ゆうぎおう)は、高橋和希による日本の漫画及び、それを原作としたテレビアニメ作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)にて1996年42号から2004年15号まで連載された。単行本は全38巻、文庫版全22巻。英語表記は「Yu-Gi-Oh!」。

元は

闇の番人となって世の悪人たちを次々と過激な「闇のゲーム」で叩きのめし、最後には罰ゲームを与えていくというダークヒーロー的な要素を持った物語。

高橋和希いわく、本作のコンセプトは「主人公が決して人を殴らないバトル漫画」。原作単行本1巻には、「身の回りの不思議をテーマとする」という記述もある。

身長

アニメ版だと武藤遊戯の人格が変わると身長も変わるらしい。

遊戯王MAD

MADは画像や音声を繋ぎ直し、別の作品を作成することである。
遊戯王MADとしては「ずっと俺のターン」が有名。

マジック&ウィザーズ

元ネタはマジック:ザ・ギャザリングといわれている。

カードタイトル

2008年3月までは『遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ』だったが、『遊☆戯☆王5D's』の放送開始に伴い、タイトルが『遊☆戯☆王ファイブディーズ オフィシャルカードゲーム』に変更された[1]。2011年3月には『遊☆戯☆王ZEXAL』の放送開始に伴って2度目の改題が行われ、『遊☆戯☆王ゼアル(ZEXAL) オフィシャルカードゲーム』となった。

本作は日本国外にも展開しており、2009年7月にはギネス・ワールド・レコーズに「世界で最も販売枚数の多いトレーディングカードゲーム」として認定された。
更に2011年6月14日には記録を自己更新し、販売枚数251億7000万枚を突破している[2]。

レアカード

大会優勝品などは、オークションで100万円を超えることもあるらしい。

レアカードを当てる方法

*ご利用は自己責任で

スリーブ

海外大会ではデッキの枚数分のスリーブが配布されることがあるのだが、欲張って融合デッキにモンスターを大量投入した日本人が《記憶破壊者》の餌食になる事態が多発した。

開発チーム

ゲームの開発チームは2つあり、交互に作品を出しているという噂。

終わり

アニメは遊☆戯☆王5D'sで終わりという噂があった。

大混乱

1999年8月26日に行われたイベントでは予想を大幅に上回る来場者の殺到とスタッフの不備で一方的に限定カードの販売が中止され、大混乱に陥る事件が起きた[1]。

偽造

海外の某会社が正規の販売権利を持っていたにもかかわらず、偽造カードを販売していたらしい。

1





twitter:
https://twitter.com/#!/FolkHistory
リンク・紹介はご自由にどうぞ。

このまとめに参加する