1. まとめトップ

孤立死の正確な数の把握はできませんが、2011年にニッセイ基礎研究所が調査した「セルフネグレクトと孤立死に関する実態把握と地域支援のあり方に関する調査研究報告書」によると、全国65歳以上高齢者の孤立指数の推計(死後4日以上経過)は年間1万5603人と公表されています。死後2日以上経過した人や、65歳未満を含めると、年間3万人もの人が孤独死・孤立死しているのではと推計されます。

65歳以上の一人暮らしの高齢者が、病気などの時に看護や世話を頼みたいと考える相手について、「あてはまる人はいない」とする人は、子どものいない男性で35パーセントと最も多くなっております。つまり、介護や医療といった先の「死後」についても頼る人がいない

身寄りのない高齢者を入所させている介護施設では、葬儀や納骨までの費用を社会保障制度の中に組み入れて、本来の業務として位置付けることも想定されるでしょう。
また、身元保証人がいない高齢者においては、必ずしも「市場経済」に委ねるのではなく、現在も数は少ないのですが、自治体が一部補助して親族に代わる生活支援システムを普遍化して公的システムに組み入れることも考えられます。いわば「死」の社会化とは、親族の代替機能を行政サービスが担うことであり、多くの高齢者が抱える「死後」不安について、公的機関が何らかの対応を求められる時代になっているということではないでしょうか?個々人の「死」をどのように受け入れ、その尊厳を守ることができるのか、先進国の中でも、最も高齢化が進む日本で、いま、社会の質・あり方が問われています。

出典http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/274696.html

会社で真面目に働きながら、自宅で孤独死した例もあった。

 「この人もゴミの中で暮らしていた。本当はなんとかしなければと思いながら、だらしない人間だとみられたくなくて助けを呼べなかったようだ。結果、心不全で死亡している」(石見氏)

 石見氏によると、40~50代で孤独死を迎えた男性は、糖尿病を患うなど体を弱らせていたケースが大半だった。全体でみると男性が8割を占めるが、女性は精神疾患を抱えていることが多いのが特徴で、部屋から抗鬱(うつ)剤などがみつかることもあるという。

 孤独死を防ぐにはどうすればよいのか。東邦大の岸恵美子教授(公衆衛生看護学)は、「セルフネグレクトになり、生きる意欲が低下してしまうと1人だけで立ち直るのは難しい。誰かに自分の困っていることを相談することが大切だ。もし、近くに話ができる人がいなければSNSを利用するのも一つの方法だろう。書き込みを読んだ人から問題解決に向けたアイデアをもらえるかもしれない。自分に関心を持ってもらえるだけでも気持ちが楽になるはずだ」

「割合が高かったのは、岡山市(37%)、神戸市(35%)、横浜市(32%)など。」行政としてもどうするべきか。市民の協力も必要です。 公営住宅、4分の1が単身高齢者 孤独死1300人超す(朝日新聞デジタル) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-…

家族格差? 

従来どおりの家族生活を送る人と、そこから外れる人。

それも経済的な強者は家族的な強者にもなる。

いろいろな意味で、経済的な弱者は家族的な弱者になる。

経済格差によって家族格差にレバレッジがかかるのだ。

たとえば、正社員同士の夫婦と非正社員同士の夫婦では、その差は大きいと指摘する人もいる。

正社員は結婚でき、自分を心配してくれる人がいる。

非正社員で結婚できなかった人は、高齢になったときも経済的に苦しい。

自分を助けてくれる家族もいないとなれば、心理的にも誰も助けてくれない心境に陥りがちになる。

1 2





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?