1. まとめトップ

「正しい走り方を身につければ、だれでも速く走れます」

出典福島大学教授で陸上競技部監督の川本和久先生

◆「ポン・ピュン・ラン」3つのポイント

1.「体をまっすぐにして走る」
これは、地面に対して垂直(すいちょく)にということではなく、背中(せなか)と骨 盤(こつばん)を曲げないで一本の棒のようにするということです。こうすることで、地面に大きな力 を加えることができ、また、地面からの反発するエネルギー をむだにしないですみます。

2.脚(あし=もものつけ根 からつま先までをさす)を上からまっすぐ下に降ろし、「ポン」とはずませるということです。
脚が地面に着くとき、脚は地面から反発するエネルギー を受けますが、このエネルギー をできるだけむだにしないためです。

3.片方の脚が地面に着いたときに、もう一方の脚が後ろから前に出て、前の脚のひざを「ピュン」と勢いよく追いぬくことです。
これは、前脚が地面をけるエネルギー と後ろ脚をふるエネルギー を合わせて地面に加え、地面からできるだけ大きな反発エネルギー をもらうためです。そうすれば、大きな力 で体を移動できる、つまり、前に進めるのです。

◆解説動画

◆関連書籍

1





steisukeさん

このまとめに参加する