1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

出典nanapi.jp

2011年の秋頃から、Web関係者の間で話題になりつつあったPinterest(ピンタレスト)。

実はこれは、Webの知識があまりない初心者から達人まで、簡単に楽しめると注目を集めている画像まとめ・共有サービスなのです。

今やPinterestはFacebook、Twitter、Google+などと並べて語られるような存在になった。

北米を中心に使われている今ものすごい勢いでユーザーを集めているSNSで、画像の収集・共有によって人と交流することができます。

Pinterestは、アメリカで2008年にオープンした画像共有サービスです。自分のスペースにあるボードに、登録メンバーのボードやWebサイトで見つけたお気に入りの画像や動画を集めたり、共有することができます。感覚としては、スクラップブックに写真や雑誌の切り抜きを貼っていく作業によく似ています。

「Tumblr」と「Pinterest」の違いは?

Pinterestは、画像やテキストの引用・共有ができるサービス「Tumblr」とよく比較されます。しかし、集めた画像をカテゴリ分類できる点、そのために必要な画像が探しやすくなっている点が、Tumblrとは大きく違います。

Tumblrがすべての切り抜きを貼ったスクラップブック一冊とすれば、Pinterestはジャンルごとのスクラップブック数冊をまとめたバインダー。

◆どんなにすごいのかPinterestの勢いを数字で見る

サイトが公開されたのは2010年3月ですが、2011年の8月頃、米国の雑誌”Time”に「2011年ベストウェブサイト50」に選ばれたことなどをきっかけに、本格的にユーザー数が伸び始めました。

現在はユニークユーザー数が1000万人を突破しています。

特に女性からの絶大な人気を集めていて、約8割が女性ユーザーであるようです。

図はPinterestのユーザーの年齢層と性別の分布図になっています。

中でも25~44歳の女性が最も厚い層を形成しています。これらの統計はマーケティング面でおおいに役立ちそうです。

1月の流入元メディアにおけるPinterestの割合は、26.4%と圧倒的なFacebookを除けば、検索エンジンのGeogle、twitterに次いで高い数値を示しています。

『Pinterest』のベン・シルバーマンCEOの思想

昆虫や切手を集めながら子供時代をアイオワ州で過ごしたというPinterestのベン・シルバーマンCEOは3月13日、「目標は、人々がこれまで自分では気付かずにいた“自分の欲しいもの”を知る手助けをすることだ」と語っている。同氏によれば、ビルボード広告やカタログ、インターネット広告など、『自分が何を欲しいのか』を人々に伝えようとするための手法はたくさんある。

 「だが、『自分のために選んでもらった』と思えるような何かを見つけるために毎日でも通いたくなるような場所を構築するという目標には、まだ誰も近付けていない。そしてそれこそが、この会社でわたしが実現したいと思っていることだ」

「Pinterestには美しいコレクションを展示し、美しいサイトにしたい」との考えを繰り返し、「人々がTwitterなどのリアルタイムサイトに取り付かれている時代に、時間を超越したものを提供できるサービスを生み出すことがわたしの目標の1つだ」と語っている。

 「例えば、自分のお気に入りの本があったとする。今から72時間後であれ1年後であれ5年後であれ10年後であれ、それが自分のお気に入りの本であることに変わりはない。その本はいつであれ、『自分が当時どういう人間だったのか』や『他人に自分をどういう人間だと思ってほしいのか』について、何かしら語ってくれるものだ」

【【Pinterestの使い方】】

現時点でサービスは招待制のため、まずは招待メールの依頼を送るところから始めましょう。

Pinterestに登録する方法は二通りあります。いずれも招待制となっていて、Pinterestに招待してもらうか、知人に招待してもらうかの違いです。

1.申請メールを送って、Pinterestの許可を待つ
2.すでに参加している知人に招待してもらう

Pinterest(ピンタレスト)は、大まかには、他のメンバーのボード&画像を見る、自分のボードに画像をピンする(集める)、オリジナルのボードを作って公開する、という3つの使い方があります。

ボードを見るだけでも雑誌のように楽しめますが、Pinterestの一番の面白さは、やはり画像の収集やボードの公開。この2つを行うためにはアカウントを作らなくてはなりません。

【実際に登録してみる】

1.申請メールを送って、Pinterestの許可を待つ

まずPinterestのホーム画面を出します。画面上部の「Request an invite」をクリック。

以下の画面が表示されるので、登録したいメールアドレスを入力する。

メールアドレスを入力したら、Pinterest側からの招待を待ちましょう。

2.すでに参加している知人に招待してもらう

知人がすでにPinterestに参加している場合、その人から直接招待してもらうこともできます。

まずログイン画面の右上から、「Invite Friends」をクリックします。(招待する側)

次に招待したい人のアドレスを入力します。(招待する側)

招待後、以下のようなメールが招待してもらう人に届けばそこから登録できます。(招待される側)

【登録後最低限やっておくべきこと】

Pinterestでピンするには”Pin It”ボタンというものが必要になるのですが、その設置方法について記載されています。動画でも解説されているので、迷うことなくできます。

まず以下のように、”Pin It”ボタンと、ボタンを取り付けたいブラウザを重ねて開きます。

“Pin It”ボタンをクリックしたまま、ボタンを取り付けたいブラウザのブックマックバーまで持っていきます。すると、ブックマックバーに”Pin It”ボタンが表示されます。

今後ピンする際には、ボタンのあるブラウザから操作することになります。

iPhone公式アプリ。

Download
http://itunes.apple.com/jp/app/pinterest/id429047995?mt=8
価格:無料
提供:Cold Brew Labs

1 2