出典 ec2.images-amazon.com

25. 蒸気駆動の少年 : ジョン・スラデック

既存のタイム・パラドックスをあざ笑う表題作、スプラスティック・コメディ「古カスタードの秘密」、あの“四重奏”の荒唐無稽なパロディ「ベストセラー」、重力はないと“証明”する男の狂気を描く「月の消失に関する説明」、名探偵のサッカレイ・フィンやフェントン・ウォースが不可能殺人に挑む本格推理小説3篇、なぜか西部劇マニアな宇宙人が襲来する「ホワイトハット」、宇宙人が地球文化に溺れていく様を描く「おつぎのこびと」、グリム童話をさらに残酷に練り直した発禁寸前の「血とショウガパン」ほか、全23篇を収録。

この情報が含まれているまとめはこちら

ゼロ年代SFベスト30【海外篇】

「SFが読みたい!」2010年版より、ゼロ年代SFベスト30の海外篇を紹介します。新訳版が出版されたものなども含むため、古い作品もあります。

このまとめを見る