1. まとめトップ

世界20カ国を旅した私が思った女性の旅に持って行きたいグッズ

ビーチでのんびりのリゾート旅行から バックパックを背負って街や遺跡を歩き回った一人旅まで、数々の国を旅して役に立ったものをまとめてみました。これから旅をする人に参考にしていただけたら嬉しいです。

更新日: 2012年07月25日

256 お気に入り 34104 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shnynk80さん

飛行機内での乾燥対策

機内は目、鼻、喉が痛くなるほど乾燥します。この乾燥状況が肌に良いわけはありません。小まめな潤い補給と、潤いが逃げない対策をとりましょう。

メークをして飛行機には乗るものの、機内で仮眠をとる前にはお化粧を落としたいですよね?
そんなときのために、スキンケアセットは必ず持ち込みましょう。

昔はコスメカウンターでもらえるサンプルのパウチを重宝していたのですが、乾燥の度合いに応じて好きな量を調節して使えるほうが肌には良いと思います。
私は、旅行のときだけフレスカのセットを使っています。スポイト型の美容液がめちゃくちゃ使いづらいですが、化粧水とクリームは肌に合っているようで、トラブルなしで過ごせます。
http://shop.frescaskin.co.jp/category/select/cid/312/pid/8781

乾燥する前に自分で肌にうるおいを与えることが大切です。普通の化粧スプレーでもいいですが、私は霧の細かいミストが出る美容器具を使っています。30分に1回ずつくらい当ててあげて乾燥を防ぎます。

http://www.sosu.jp/product/goods_details.php?itemcode=8009611
http://www.cosme.net/product/product_id/10006993/top

化粧水だけではなく油分も補います。
オイルは特にこだわらないので、コスメカウンターのサンプルでもらったものを使っていました。
オイルは、化粧水ほどは小まめに使わず、1、2回使うだけで乾燥を防げます。

飛行機の就寝時間になると、アイマスクを使われる方がけっこういらっしゃいますが、めぐりズムのほうがじんわりあたたかく、すっと眠りに誘ってくれます。
http://www.kao.co.jp/megurism/eye/products/

マスクをつけておくだけでも、鼻と喉の乾燥は防げます。普通のマスクでもOKですが、少しでも乾燥を防ぐために寝るとき用マスクをお勧めします。

http://www.kobayashi.co.jp/seihin/nn_o4/index.html

これも、乾燥対策です。小まめに塗ってください。

飛行機内でのむくみ対策

機内では、気圧の変化で足がむくみやすくなるもの。エコノミーの狭いシートの中でも、できるだけの対策はとれるはずです。

寝てる時もOKなロングタイプのものをお勧めします。冷えも防ぐために、ももまであるタイプを使っています。これを履きたいがために、機内にはショーパン+タイツで乗り込みます。
http://www.cosme.net/product/product_id/10026562/top

席に座っているときは、気がついたタイミングでコロコロで足のむくみを取りましょう。どんなものでもいいと思いますが、私はコロコロ部分がふたつあるものを使っています。
http://www.cosme.net/product/product_id/288128/top

飛行機のシートに座っているときは、靴は脱いじゃいますよね。
頻繁にトイレに行く人は、スリッパを持って行ったほうが靴の着脱の手間がなく楽です。
http://www.yodobashi.com/%E6%8A%98%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%81%BF%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%91%EF%BC%88%E6%97%85%E8%A1%8C%E7%94%A8%E5%93%81%EF%BC%89/ct/51240_500000000000000337/

現地でのヘアとボディのケア

普段と環境が違う現地では、いかに髪や肌を普段と同じ状態にしておくかに注意を払いましょう。

現地の備え付けのシャンプーを使うより、自分の髪にあったものを持って行ったほうが髪が喜びます。
旅行先が国内の場合はミルボンの1回使い切りトリートメントだけを持っていきます。(4回分で600円ほどです)
http://www.cosme.net/product/product_id/2887980/top

旅行先が海外の場合はシャンプー&トリートメントともルベル イオシリーズのトラベルサイズを持って行きます。
http://www.dream-square.net/SHOP/66567/66582/list.html

アウトバストリートメントとボディクリーム、それぞれ持っていくとかさばるので、わたしは両方ジョンマスターオーガニック アルガンオイル1本で済ませています。
http://www.cosme.net/product/product_id/10031962/top

ただしこのオイル、匂いがあまり良くないので、その点はご注意を。

日焼け対策

暑い地域に行くのであれば、日焼け防止の意味でも、熱中症防止の意味でも対策は万全にしていきましょう。

顔用の日焼け止めは、汗をかくたびに塗りなおします。日焼け止めを塗って、下地を塗って、ファンデーションを塗って…という工程が嫌いなので、ランコムのBBクリームとプレストパウダーだけで済ませています。

http://www.cosme.net/product/product_id/10035968/top

ウォータープルーフの日焼け止めは未だ良いのが見つかっていませんが、水に入らないのであれば、以下3製品は白くならず、伸びが良くて使いやすいです。

アリィー(ALLIE) エクストラUVジェル (ミネラルモイスト)N
さらさらUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス
ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF30

アットコスメ参照:
http://www.cosme.net/item/item_id/1076/ranking/bf/1

日焼けしそうな旅行にはいつも持って行き、寝る前に使うアクアレーベルのホワイトニング用マスク。コンビニで買えて安いのに、赤く火照ってしまった肌を翌朝白く戻してくれる効果は絶大です。
http://www.cosme.net/product/product_id/10000749/top

暑い地域には帽子とサングラスは持って行きましょう。
ビーチリゾートでのんびり型の旅行以外は、かばんに折りたたんで入れられる素材の帽子がおすすめです。

海外ビーチは日本の海より日差しが強い場合が多いので、日焼け防止のためにパーカータイプのラッシュガードを持っていくと、海で泳ぐ際の日焼けの心配が軽減できます。足の日焼けが気になる方は、トレンカ型のラッシュガードもお勧めです。

その他

その他、女性が必要そうなものをまとめてみました。

宿でくつろぐときに。
ユニクロもカップ入りキャミソールを出しています。
ユニクロのはカップが固くてあんまり好みではなく、専ら無印のものを利用しています。

綺麗好きな人は抗菌ウェットティッシュをお勧めしますが、私が重宝しているのは無印良品の流せるウェットティシュー。ウォシュレット代わりに使ったことはないのですが、使い終わったらトイレに流せるというのはなんとも便利です。

1