1. まとめトップ

福島原発事故後に危惧される老化加速、老化現象、老化促進、老化助長、非特異老化に関する発言まとめ

放射線による非特異的老化(人の老化の促進)に関する発言についてまとめました。

更新日: 2012年03月24日

2 お気に入り 62038 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nuclearleakさん

説明:
放射能汚染によって老化が加速するとの報告はチェルノブイリの時にも多数確認されており、チェルノブイリ以上に広域が汚染された福島原発事故後も同様の症状が顕在化してくる可能性が極めて高いと考えられます。
現在、政府やマスメディアの発表は、放射能リスクについて癌の発生率を軸に説明し続けており、より長期間かつ広域に影響を与えうる老化加速、不妊化、生殖遺伝子変異などについての説明が乏しい状態です。

原発事故に関連する放射線被ばく者及びその子孫の不妊化と遺伝疾患まとめ(遺伝子疾患まとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2130460951595447001

セシウム137による不妊化、心疾患、心不全をはじめとする人体への影響まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130162797765531901

◆注目◆チェルノブイリ被害実態レポート翻訳プロジェクト: 第4節 チェルノブイリ大惨事の影響で加速する老化 bit.ly/wk6EyK

『第4節 チェルノブイリ大惨事の影響で加速する老化 (チェルノブイリ被害実態レポート)』
『老化の加速化は、電離放射線による被曝がもたらす、よく知られた影響の一つである。この現象は、チェルノブイリ由来の放射性核種に汚染されたすべての人びとにおいて、程度の差こそあれ、はっきりと見てとれる。』
『1. ベラルーシの、チェルノブイリの放射性降下物によって重度に汚染された地域ではどこでも、そこに住む子どもは老人に特徴的な疾病群の徴候を示している(Nesterenko, 1996; and many others)。』
『3. ベラルーシにおいて、1991年以降1996年までに早発性の脱毛症と診断されて入院した69人の子どもおよび十代の少年少女のうち、70%は重度汚染地域の出身だった(Morozevich et al., 1997) 。』
『5. ウクライナにおける放射能汚染地域の住民の生物学的な年齢は、実年齢よりも7歳から9歳上だった(Mezhzherin, 1996)。同様の現象はロシアでも見られた(Malygin et al., 1998) 。』
http://chernobyl25.blogspot.jp/2012/03/4.html

@nyagomeri48 私は放射線作業に従事した経験がある。知覚できない放射線は、どれほど安全教育を受けても、その本当の恐ろしさを理解できる者は少ない。頭で危険だと知っていても、やがて能率のために避難しないうちに放射線スイッチを押してしまう。10年もやってる人は全員激しい老化だ

浦島太郎の玉手箱の中身はこれか…。RT @hanayuu: 一晩で老化した少年とか 怖すぎ youtube.com/watch?v=WB-OS9… (原因不明の病)核爆発460回以上 カザフスタンの東部の村を取材

@tokaiama 東海アマさんの発言だったと思うが、高線量下では老化がすごく早いと。昨晩のフジのニュース 核実験場跡(チェリャビンスク?)の話で、6歳の子どもが一晩寝て起きたら老人になっていたと。ほんとうに老人の顔してた。おそろしい。

@powerpc970 オレが放射能の勉強してた頃、放医研女性講師は「被曝など心配ない」と言いながらガンマ線によって白内障になり、やがてガンで死んだ。放射線検査の知人は、ほとんど60歳代で80歳くらいの老化を起こしてガンで死んでいった。知らないということは本当に恐ろしいな。

野呂さんの話3子供たちの体は放射能と戦う事により、酵素やミネラル等を喪失してしまい、酸化(老化)されていく。病気の症状としては甲状腺疾患、風邪や 肺炎などは抵抗力が落ちるため悪化する。また体の弱いところに症状はでる。人により胃であったり、心臓、膝であったりする。

チェルノブイリ原発事故で生物がすべて死に絶えた森にやって来た生き物達の運命、鳥類は種、個体数減少、ツバメは奇形が多く老化が早い。ツバメの精子の5割に異常、ツバメの生存率3割、ネズミは適応力が強く、放射線に強い。被曝の森はいま bit.ly/re3SuE

野呂氏埼玉浦和にて「チェルノブイリの時も若い女性、子供、妊婦を先に逃した。家族全員で動くとなると時間がかかる。その間にも子供たちは無駄な被曝をする。」「被曝は体を老化させ、錆させる。」「医者の薬で内部被曝は治せない。抵抗力を上げるしかない」

私が放射線作業の現場で見た、もっとも恐ろしい光景は、作業者の凄まじい老化現象だった。十年以上もガンマ線RTを撮影してきた人たちは50才で70才くらいに見え、歯も抜けて全身ボロボロだった。ガンマ線浴びると体内水分に大量のフリーラジカル(活性酸素)生成、これが血管内壁破壊、細胞を老化

自発流産・死亡増加、疾病の数や弱々しい出産、先天的奇形、がん発生の増加、不正常な知能発育、精神病疾患の増加、免疫システム異常、ホルモン均衡の疾患、心臓血管系疾病、異常に示される子どもたちの成長過程や異常疲労、病後回復遅延や早い時期の老化現象inaco.co.jp/isaac/shiryo/g…

『1986年4月のチェルノブイリ原発事故後7-8年経て、ウクライナとベラルーシは激しい人口の自然減に見舞われた。その要因は「出生」(生児出生)の急激な減少と「死亡」の急増だった。「人口統計学上の大惨事」といわれるゆえんである。その人口変動のカーブは驚くほどよく似ている。』
ロシア連邦科学アカデミーの中央環境科学会議の議長である環境学者のアレクセイ・ヤーブロコフ 『 2年前のことですが、(ロシア)連邦統計委員会のリーダーたちが、データを歪めたという理由で逮捕されたことを知っていますか?』
『 国連科学委員会(UNSCEAR)は知っているのです。彼らは(国連科学委員会やIAEAの)データが歪められていることを知っているのです。彼らはチェルノブイリ事故がさほど深刻なものではないと主張するために(歪められた)データを使っているのです。』
『 チェルノブイリ事故では遺伝的影響はないとしています。しかし遺伝的影響は実際には最悪です。真面目な科学者による数千ものデータが真面目な紙誌で公表されています。』
http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/genpatsu/ukraine3.html

ごめんなさい、話がつながってませんでした。Csが、大動脈に入り込み、急激な老化を起こしたのかもしれませんね。乖離を応急処置でどうかはできないと思います。まだまだお若いのに・・放射能でしょうおそらく。そんな若い人私は聞いたことありませんし QT @wing135:

ベラルーシ医師講演まとめ。山形仙台も汚染地区。名古屋以西は食品にのみ注意。セシウムは微量でも蓄積。酵素活性低下で細胞の栄養摂取阻害。臓器老化促進、腎機能低下。結果セシウム排出不能に。少しの摂取は安全という甘えは捨てるべき。 blog.livedoor.jp/blog_6d/lite/a…

@taji4 気にしないで食べてる人に異変出てます実際。。腰痛や鬱病などまさか放射能由来と思わないような異変だから本人も気づかない。国も「あらゆるご自分の悪いところが悪化します」「急激な老化が起こります」なんて口が避けても言うわけがない。。。

放射能汚染は若年性アルツハイマーとも関係してるそうです。皆さん放射能汚染を甘くみてはいけないと思います。@tokaiama 被曝と知的障害の因果関係

@yokoLion 実はそうなんですよ。私は最近ひどいボケに悩んでるんですが、若い頃の脳挫傷事故と30年前の職業被曝が関係してると思います。50レム浴びてます(他人の不注意)凄い不調に。周囲は老化現象凄かった。50代で70歳老人の姿に。みんな惚けてきてた。工業放射線被曝は凄い

そして、それより、被曝の影響は先ずは免疫不全と老化( bit.ly/pck0eQ )みたいですね、チェルノでも。RT @Ani2525 …体内のセシウム137による被曝は低線量でも危険…心臓、肝臓、腎臓へ悪影響  bit.ly/o2MR4m

中村隆市『その代表的な組織であるIAEA(国際原子力機関)は「チェルノブイリ原発事故による健康被害は、甲状腺ガンだけしかない」とウソを言い続けている(日本の原子力村も同様)』

子供が老人になる病気も放射能だと思う。 RT @kygtmk: トルコでは、40歳代で歯がない。トルコの人はみんなそうだと思っていたけど、今はチェルノブイリの影響かと疑っている現地に住んでいた知人が言っていた。放射性物質で老化が加速?

@tokaiama 双葉から避難してきた人に聞いた話。体が縮んだ福1作業員を3人見た。←以前アマさんが言ってた老化現象でこうなるのでしょうか?

@axcxoxx21 あると思います。細胞が老化してゆくと全身の細胞が欠損し修復が間に合わず、顔もしわくちゃ、シミだらけ、代謝が悪くなるので体も縮むでしょう 私の昔の知人はガンマ線工業被曝十年、みんなもの凄い老化を起こしてた

250mの放射線を当てたマウスはその後どうなった?服部禎男君。オレが見てきた放射線作業者は数十ラド浴びて、みんな信じられないほど老化現象を起こしてた。活性酸素フリーラジカル老化現象だ。若返るのなら、なんでみんなやらないんだ? ぜひしつこく、地獄の底まで追いかけて聞きたいもんだ

哲野イサク氏 大量に細胞が死んでしまったり、あるいは拡大再生産ができなかったり、縮小再生産の過程に入ったりして、生命体が徐々に死に向かって進行していくことを老化という。これが自然に起これば自然老化だが、電離現象で老化が起こればこれは不特異老化である。

非破壊検査で使用するRI(ガンマ線アイソトープ)は通常10キュリー(370Gベクレル)だが、それをわずか2センチ程度の鉛容器で遮蔽してる。周囲ではミリシーベルト被曝、透過撮影でフタを開ければ毎時1グレイも。非破壊検査員は常時被曝し50歳で70歳程度の激しい老化と知能低下きたす

老化ががんの主な原因であるのは確か。放射線は老化を早めるのだから、放射線ががん化を早める可能性はあり。早く年取りたくなかったら放射線から逃げろってこと。

隠された被爆労働〜日本の原発労働者:歯がボロボロ欠け髪が抜ける。下痢・倦怠感・精巣や目の障害。慢性貧血・皮膚・甲状腺・骨・喉頭・咽頭・肺の腫瘍。老化が早まり憂鬱で不安になる。傷ついた染色体の遺伝を恐れて子供を作らない http://youtu.be/92fP58sMYus

1 2