当時まだ、蔵王ハイラインが出来ておらず、エコーラインからお釜までは徒歩で登るしかなかった時に
山形の北斗がエコーラインからお釜までのリフトを計画して山形営林署に計画書を提出した
しかし、服部が圧力をかけて、「あそこは、宮城県だから白石営林署にも書類を出すように。」と
勝手に県境を移動して、その会社のリフト計画をストップさせ
その間に、自分の会社でリフトを作ってしまったw

服部が移動した県境は、30年後 元の位置に戻り
当時の営林署の署長は職権乱用で有罪、しかし、服部は贈収賄の証拠が無いとしておとがめなし

出典http://mimizun.com/log/2ch/history/1107582563/

前へ 次へ