バミューダトライアングル。ここは別名「魔の三角海域」 と呼ばれており、昔から人々に恐れられているという。 最近では特に知名度が上がり、 高等学校の一部の英語の教科書にも世界のミステリー として記載されているという。

さらに詳細な情報によると、 実際に事件が起こっているのは三角形ではなく四角形(トラペジアム)であり、 この海域が恐れられているのは、この海の異様な一面があるからである。

昔からこの海域では、船や飛行機などが消滅する地帯として 人々に恐れられ、語り継がれてきた。 さらに、、 不可解なことに残骸は一片も見つからないといわれているのだ。 また、「逆バミューダ」として逆に突如現れる場合もあるといわれており、 注目を浴びた。

http://www.crc-japan.com/research/bamuda/index.html

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

魔の海域!?バミューダトライアングルの真相

魔の三角海域と呼ばれ、度々飛行機・船舶・人間の消失事件が続いているているバミューダトライアングルですが、一体どんな現象がおこっているのか?気になってしらべてきました。いろんな説があるようですが、どれが本当なのでしょうか。

このまとめを見る