広さ約17万平方キロメートル。変わりやすく、また非常に激しい気象で知られ、多くのハリケーンを産みだす場所でもある。
バミューダで発生するハリケーンは原爆1万個以上のパワーに及ぶと言われ、海が荒れた時には波の高さは15メートル、6階建てのビルと同じ高さ。
風速は80メートルで、日本の「猛烈な台風」の風速が50メートル余りなので、どれだけ荒い気象かが、漠然と数値を見ただけでも想像される。

嵐の起こる条件は、湿気と高気温だが、この海域はそれらの条件に恵まれた(?)せいで、局地的な天候の変化が激しい。わずか50Mの範囲だけ嵐になり、ほんの少し離れた場所では、全く天候が違ったりする。竜巻や雷雲もよく発生し、落雷も多い。
http://www.kumokiri.net/koudan/koudan18.html

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

魔の海域!?バミューダトライアングルの真相

魔の三角海域と呼ばれ、度々飛行機・船舶・人間の消失事件が続いているているバミューダトライアングルですが、一体どんな現象がおこっているのか?気になってしらべてきました。いろんな説があるようですが、どれが本当なのでしょうか。

このまとめを見る