1990年2月。
  バミューダ島の沖で漁船が漁をしていると、どこからともなく白い布で出来た大きな袋が、波に乗って流れて来た。漁師たちがその袋を船の上へ引き上げて、開けてみると、中からは人間の死体が出てきた。
  年齢は、およそ六十歳台。やせた男性の死体であった。漁師たちは、水葬にされて海に流された、死体袋を引き上げてしまったのである。
  ところが、その袋の中の死体が、突然、口を利いた。「ここは、どこだ。」
  何と、その男は、生きていたのである。船員たちは、びっくりした。だが、詳しい事情を聞いて、さらに驚くことになった。
  その男は、ミッシェル・ガヤンと名乗った。フランスからバミューダ地方に移住して来た者だという。しかも自分は、1926年にすでに一度、死んだはずだと言うのであった。
  バミューダ島の病院でカルテを調べると、確かに1926年にミッシェル・ガヤンという男が、ガンで死んでいることが判明した。死亡した時の年齢は、63歳であった。彼の遺言で、死体は焼かれずに、水葬にして海に流された。
  死亡証明書に押してある指紋を照合した結果、その男本人に間違いないことが分かった。従って常識的に考えれば、死の判定に誤りがあって、水葬にされた後、袋の中で生き返ったことになる。

  だが、この事件の最大のミステリーは、この男が一度死んで水葬にされてから、今回発見されるまでの期間である。彼が死んだのが1926年であり、発見されたのが1990年であるから、実に64年もの年月が経っている。つまり仮死状態のまま、袋の中で、64年間も生きていたことになる。しかも、今の年齢は、127歳である。それにも関わらず当のミッシェル・ガヤンは、死んだときの年齢そのままの状態で生き返ったのである。
http://homepage2.nifty.com/LUCKY-DRAGON/kakurega-27-shinrei-Bermuda-triangle.htm

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

魔の海域!?バミューダトライアングルの真相

魔の三角海域と呼ばれ、度々飛行機・船舶・人間の消失事件が続いているているバミューダトライアングルですが、一体どんな現象がおこっているのか?気になってしらべてきました。いろんな説があるようですが、どれが本当なのでしょうか。

このまとめを見る