宇宙と時間の概念を打ち破り、異次元の世界へと続く扉があったとしたら? 同海域内では、過去500年の間に1千人以上の人が死亡し、過去100年の内には50隻の船と20機の航空機が消息を絶っているいう報告もあるそうだ。米国沿岸警備隊も同海域内では、不可解な出来事が生じていると認めているものの、世界でもっとも交通量の多いエリアとして、行方不明になる船の一隻や二隻あっても不思議ではないとの見解を示している。

しかし、この三角海域には宇宙人が地球を通り抜けるための「ワームホール」が存在し、消息をたった船や海もそこから別世界へと移動したのではないかと信じる人々がいる。バハマ諸島の海中には、ブルーホールと呼ばれる海底に沈んだ洞窟(深さ約200メートル)がある。そのどこまでも青く、深く、神秘的な様子は、地球上のものとは思えない程に美しい。これをワームホール(時空のある一点から別の離れた一点へと直結する抜け道)だと言われたら、なんだか本当に信じてしまいそうな気になってくる。
http://youpouch.com/2011/08/05/141515/

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

魔の海域!?バミューダトライアングルの真相

魔の三角海域と呼ばれ、度々飛行機・船舶・人間の消失事件が続いているているバミューダトライアングルですが、一体どんな現象がおこっているのか?気になってしらべてきました。いろんな説があるようですが、どれが本当なのでしょうか。

このまとめを見る