1. まとめトップ

●出石皿そばの歴史

宝永三年(一七〇六)に出石藩主松平氏と信州上田の仙石氏がお国替えとなりました。
その際、仙石氏と供に信州から来たそば職人の技法が在来のそば打ちの技術に加えられ誕生しました。
その後、出石焼きが始まり白地の小皿に盛る様式が確立されました。今では、約50軒ものそば屋が並ぶ関西屈指のそば処として知られています。

●皿そば食べ歩きMAP

お店とお店がとても近いので、左記のMAPは全て徒歩でまわれる範囲

●駐車場

各店舗にも駐車場があるが、道が狭く混んでいて止められない場合も有るので市営駐車場をオススメします。


赤い場所が駐車場。
全ての駐車場に身障者用のトイレがあります。
バス(大型~小型)は、西の丸駐車場・鉄砲町駐車場へお願いします。大手前駐車場は、乗用車のみ駐車可能です。

西の丸市営駐車場
鉄砲市営駐車場
出石総合支所南駐車場

料金: 中・大型バス 1200円/日
    乗用車 400円/日 
    2輪 200円/日

●おいしい皿そばの食べ方

1:そばつゆをちょこに半分くらい入れ、少し飲んでつゆを味わう。
2:一皿目はつゆだけで食べて、二皿目はねぎ、三皿目より、わさび、
  とろろ、卵というように一皿ずつ薬味を入れて食べる。
3:もっと食べれるようなら「追加○皿!!」と注文する。
4:食べ終えたちょこに、そば湯を注ぎ飲み干す。

●皿そばの量とお値段

男性なら1人20~30皿。
女性なら1人15~20皿ぐらい。

お値段は5皿で850円前後。

お店によっては、ある一定の量を決まった時間内に食べると無料というところもあり。

●皿そばを食べ歩きする場合のコツ

ほとんどのお店が1人前5皿。
食べ歩くなら、5皿で止めておいた方が良い。
また、卵を入れるなら黄身だけにすると食べやすい。

●人気の皿そば店

<左京>

昔ながらの丸挽き粉を使用した手打ちそば。香りがよく、カツオと昆布を使った辛めのつゆとの相性もいい。挽きたて、打ちたて、湯がきたての三たてを信条にしている店。

1人前800円
兵庫県豊岡市出石町内町57-1
TEL:0796-52-6273
10:00~18:00(冬季17:00)
定休日:火曜日
駐車場:無し

<よしむら>

自然薯をつなぎにした出石皿そばはコシが強い。小さな出石焼の皿に盛られ、5皿で1人前。甘さをおさえたつゆにトロロ、ネギ、卵などの薬味を加えて食べる。

1人前800円
兵庫県豊岡市出石町宵田22
TEL:0796-52-22
10:00~18:00
定休日:火曜日
駐車場:8台

<正覚 田中屋>

当店の拘りは黒いそばと旨いつゆ。石臼で丸引きした粉で打ったそばは黒く、皮の持つ高い香りと独特の口あたりが特徴で野趣に豊んだ蕎麦本来の味。お通しにそばの揚げ物がでてくる。
お土産そば「包丁切りひきぐるみ出石蕎麦」がモンドセレクション金賞を3年連続受賞し、国際優秀品質賞を取得。

1人前900円
追加1皿150円
TEL:0796-52-2048
兵庫県豊岡市出石町本町97
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日・第3水曜日
駐車場:無

<さらそば 甚兵衛>

昭和51(1976)年創業の出石皿そば専門店。創業時から寝かし続ける「本がえし」を贅沢に使うダシの製法は一子相伝のもの。17種類のオリジナル絵皿も楽しめる。

1人前840円
TEL:0796-52-2540
住所:兵庫県豊岡市出石町宵田119
営業時間:11:00~15:30
定休日:金曜日
駐車場:無

<近又>

京町屋造りの店構えが歴史を感じさせる。石臼でそばの実を丸びきにした黒いそばは風味がよく、コシが強い。利尻産の昆布とメジカ鰹でダシをとったつゆはそばによく合う。

1人前780円
追加1人前550円
TEL:0796-52-2268
住所:兵庫県豊岡市出石町本町99
営業時間:10:00~17:00
定休日:火曜日
駐車場:有(お店の向かい)

<如月>

上質のそばの実を低速石臼でひきぐるみにする。手間をかける分、そばには深い香りとコシが加わる。利尻産の昆布などをダシにしたつゆと一緒に味わう。

1人前840円
追加1皿125円
TEL:0796-52-5591
兵庫県豊岡市出石町八木23
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日
駐車場:無

1 2





pie0206さん

にゃー。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう