電源を入れて、使えるかどうかを確かめる

出典水没した携帯を復活させるテクニック | ライフハックノート

http://gigazine.jp/img/2008/04/21/ip_mobile/405297_5127.jpg

処置がちゃんとできていれば、そのまま復活し、また長く使えるようになります。しかし、だんだんと電源が落ちる頻度が増していき、最終的には画面が真っ暗になってしまったという場合は、内部にまだ水が残っていて、ショートが進んでしまったということです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【諦める前に】水没した「ケータイ・スマホ」を自分で直すテクニック

最近のケータイは防水機能付きのタイプが多いですが、それでもまだiPhoneなどの例外も多くあります。水没・水濡れさせてしまったあと個人で何ができるのか、上手く復活できるとしたらどうすればいいのかまとめました。

このまとめを見る