1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

FC東京U-15深川からU-18への昇格を果たせず[2]、前橋育英高等学校に進学。高校時代は第87回全国高等学校サッカー選手権大会でベスト4まで進出すると共に大会優秀選手にも選出され、さらにはU-18日本代表候補にも選ばれた。高校卒業後はJリーグクラブからのオファーを断り[2]中央大学に進学。

2010年に中華人民共和国で開催されたAFC U-19選手権には、U-19日本代表の主将として出場。準々決勝の韓国戦で敗れ、翌年開催のFIFA U-20ワールドカップ出場を逸した。

2011年にはユニバーシアード日本代表に選出され[3]、深圳ユニバーシアードで金メダルを獲得した。

父は俳優の六平直政。2010年のAFC U-19選手権では、息子を応援するために全ての仕事を断って訪中したとのこと

1