私たちは、自分では重要な問題についても熟慮せずに判断してしまうことが多い一方で、アドバイスをもらう人たちには熟慮の末の判断を自分のためにして欲しいと考えている。

前へ 次へ