1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

ブラジルのジルマ・ルセフ(Dilma Rousseff)大統領は9日、米政府が「経済的、戦略的」目的でブラジル石油公社(ペトロブラス、Petrobras)に対するスパイ活動を行っていたと非難した。

 米国家安全保障局(National Security Agency、NSA)によるオンライン通信傍受をめぐる新たな疑惑が浮上したのは8日。ブラジルのテレビ局グロボ(TV Globo)が、ブラジルの石油大手ペトロブラスが米グーグル(Google)やフランス外務省などとともにNSAの監視対象になっていたと報じた。

 ルセフ大統領は声明で「事実関係が確認されれば、このスパイ行為が安全保障のためでもテロとの戦いのためでもなく、経済的、戦略的利益のために行われていたことが明らかになる。疑いようもなく、ペトロブラスはいかなる国の安全保障も脅かしていない」と述べた。

 ブラジルのルイス・アルベルト・フィゲイレド(Luiz Alberto Figueiredo)外相は今週、米国でスーザン・ライス(Susan Rice)米大統領補佐官(国家安全保障担当)と通信傍受問題をめぐって協議する予定。

報道によると逮捕されたのは5名で、そのうち副社長兼チーフデザイナーのThomas Chien(簡志霖)氏、R&D部門トップのWu Chien Hung(吳建宏)氏、デザイン部門シニアマネージャーのJustin Huang(黃姓)氏の3名の身柄が拘束されているとのことです(残る2名は保釈されたとのこと)。3名には、新たに設立した新会社を経由する形で中国企業に最新技術を売却したという産業スパイの容疑がかけられており、同社のシェール・ワン(Cher Wang)会長が台湾当局に告発して事件が発覚したとの情報もあります。

逮捕された5名。うち3名の身柄が拘束。

1