1. まとめトップ

【ゆるキャラ擬人化】大崎一番太郎&ノン子ができるまで

マンガ家の赤井里実先生が擬人化してくださった大崎駅西口商店会のゆるキャラ「大崎一番太郎」と立正大学心理学部の「ノン子」が出来るまで。ちなみに赤井先生は、かつて「紗夢猫」というペンネームで活動していたそうです。

更新日: 2016年12月08日

8 お気に入り 35388 view
お気に入り追加

▼大崎一番太郎は擬人化も含め、著作権を放棄しています。ぜひ自由にご利用ください。

▼次々と量産される擬人化キャラの数々

左が大崎一番太郎の擬人化。
設定年齢が宇宙歴で6歳なため、ショタに。

右がノン子。
立正大学心理学部に通う女子大生という設定から、
二人には微妙な年齢差が…。

左:戸越銀次郎(戸越銀座商店街)
中央:大崎一番太郎(大崎駅西口商店会)
右:ノン子(立正大学心理学部)

※なぜノン子が2バージョンいるのかは、以下のいきさつをご覧ください。

一番太郎に関しては営利目的・商用利用もオールOK、改変も自由に行っていただくことが可能です。

ノン子を使用する際はお問い合わせください。
立正大学心理学部のマスコットも兼ねており、「CC0」ではないというだけで、わりと柔軟に対応いたします。
dogplanet666@gmail.com

動画には未使用の秘蔵カット

これらのイラストも使って『炎上ボンバー』のアニメ動画を作ってくださる方を募集しています。
名乗り出てくれた方には素材を提供いたします。

赤井先生の擬人化ノン子を
まさし(@msmmomo)さんがマギカ化!
http://www.pixiv.net/member_illust.php?illust_id=26368852&mode=medium

いよいよ本日発売!Blu-ray&DVD第1巻封入のチケット優先販売申込券の対象となる2/12開催のスペシャルイベントの情報を公開しました!是非ご確認ください♪ ⇒ occultic-nine.com/?article_id=41… pic.twitter.com/kMzjaqRMZg

-----------------------------------

▼きっかけは大崎在住の科学技術ジャーナリスト・稲森謙太郎先生

もともと大崎在住で、弁理士の免許も持っている稲森先生が
『女子大生マイの特許ファイル』を出版した際、
その表紙イラストを担当した赤井里実先生が、
稲森先生の主催する「大崎喫茶の会」に参加。

この時、
稲森先生が大崎にある商店街のキャラクター
大崎一番太郎のストラップを愛用していたことなどがきっかけで、
キャラクター好きの赤井先生が猛烈に反応。

-----------------------------------

▼大崎一番太郎が赤井先生のコミックを宣伝

-----------------------------------

▼赤井先生が宣伝のお礼として大崎一番太郎を擬人化

私は、ちょっとブサカワ?くらいのキャラが好きだったりするのですが
彼のような正統派キャラもイケます。
てゆーか、ちょっとオツムがゆるそうな感じがかなり好みです!
(か…かわいいって意味なんだからねっ!)

1 2 3 4 5





大崎一番太郎。大崎再開発を成功させるため、日夜「NAVERまとめ」で大崎駅周辺のステマに励むけなげな「ゆるキャラ」。報奨金は全部、寄付する予定。