1. まとめトップ

"3D公開" 映画タイタニックを100倍楽しむ雑学

映画タイタニックが3Dになって4月7日に公開されます。10年以上前に公開された名作がまた劇場で見れるなんて嬉しいですね。ほとんどの人が内容を知っていると思いますが、もっともっと楽しむための雑学を用意しました。

更新日: 2012年11月11日

29 お気に入り 83470 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

卍郎さん

出港シーンは左右反転して撮影している

撮影用のタイタニックは現地の風向きの関係で右側を陸側にして建造

ところが史実では出港時タイタニックは左舷から接岸していた

文字などもすべて逆にかかれています。出演人物の服装・髪型も全て逆にセットされました

船員さんの帽子の文字も”TITANICではなくCINATITと刺繍されたモノを使用

だいたいCG

模型とCGを使ったシーンです。監督は”どの人物が実写でどれがCGか判るか?”と尋ねたそうです。
答えは”全部 CGだ”

このシーンも模型とCGを使用しています。人物はすべてCGです。

船の上の人間はCG です。自分の顔や息子の顔をCGに張り付けたそうです。

画像の紹介コメントを入力

エンジンの巨大さを際立たせる為に CGで描きこまれた機関士たち

画像の紹介コメントを入力

蒸気エンジンのクランクシャフト こういった場面でも クランクシャフトの陰に機関士を描きこむことで エンジンの巨大さを表現

実写もちゃんとあるよ

このシーンは実物大の船尾を直立させて撮影

出演者は滑らないようにゴムを貼った靴を履いています

ぶら下がっている人物は実写ですが 落下して手すり等にぶつかっている人々はCG

画像の紹介コメントを入力

建設された張りぼてタイタニックは油圧ジャッキで6度傾斜できました。

6度以上の傾斜のシーンは 船尾部だけの実物大模型と1/20の模型を使用されて撮影

防水加工

1 2