「存在しない」という名の酒。

アブサンは、主成分である「ニガヨモギ」の学術名「アルテンシア・アブシューム」から名前がつけられたとされる。

ただ、英語の「absence(アブセンス)」は「不在」を意味し、フランス語でも「存在しない」という意味になる。

主成分ニガヨモギの花言葉は「不在」である。製造禁止になった折には「まるで名づけられた時から運命が決まっていたようだ」と語られた。

前へ 次へ