1. まとめトップ

〚男も惚れる〛170cm前後のダンクシュートまとめ

バスケットの公式リングの高さは3m5cm。170cmの人が手を上に伸ばして、2mちょこちょこだとして、ダンクシュートをするためには120cm以上の高さをジャンプしないと無理です。でもできちゃうんですよね。ゴイスー。

更新日: 2016年05月19日

15 お気に入り 187635 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kubo0さん

スパッド・ウェブ

スパッド・ウェブ(Anthony Jerome Webb、1963年6月13日-)はアメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のNBAで活躍したバスケット選手。170cmと低い身長ながら垂直跳び117cmを記録する驚異的なジャンプ力で、長身選手が多いNBAで長く活躍した。強豪揃いの1986年のNBAオールスター・スラムダンクコンテストで優勝を果たした。

ネイト・ロビンソン

ネイト・ロビンソン(Nate Robinson)ことナサニエル・コーネリアス・ロビンソン(Nathaniel Cornelius Robinson, 1984年5月31日 - )は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトル出身のバスケットボール選手。NBAのゴールデンステート・ウォリアーズに所属している。公称身長175cm、体重82kg。ポジションはポイントガード。

マグジー・ボーグス

マグジー・ボーグス(本名:タイロン・カーティス・ボーグス、英: Tyrone Curtis Muggsy Bogues、1965年1月9日 - )は、アメリカ合衆国の元バスケットボール選手。メリーランド州ボルチモア出身。大学はウェイクフォレスト大学。ポイントガードとしてNBAで14シーズン5つのチームでプレイした。シャーロット・ホーネッツでの活躍が最も有名である。その他、ワシントン・ブレッツ、ゴールデンステート・ウォーリアーズ、トロント・ラプターズでプレイした。現在、同じノースカロライナ州シャーロットにあるWNBAのシャーロット・スティングのヘッドコーチを務めている。彼はNBA史上最も小さい選手であり、160 cm、62 kgだった。リーダーシップを発揮し、全盛期を過ごしたホーネッツ時代の地元の人気は絶大で「シャーロット市長選に立候補したら当選間違いなし」と言われた。

ダンクの動画はなかったのですが、これぞスーバーなプレイが満載

アール・ボイキンス

アール・ボイキンス(Earl Boykins)ことアール・アントワン・ボイキンス(Earl Antoine Boykins, 1976年6月2日 - )はアメリカ合衆国のプロバスケットボール選手である。オハイオ州クリーブランド出身。ポジションはポイントガード。165cm、60kg。NBA史上でマグシー・ボーグスに次いで2番目に低い選手であった。

その他 低身長ダンカーの動画です。

1





このまとめへのコメント3

  • newaladc7さん|2013.02.18

    あらら。 ボイキンス凄すぎ!!

  • kubo0さん|2012.04.10

    ボイキンスはこの動画でリバウンドダンクしてますね。ボーグスは”出来たらしい”ですね。

  • newaladc7さん|2012.04.04

    ボイキンスとボーグスは天才的ガードには違いないが、ダンクはできなかったと思う。

1