1. まとめトップ

郷ひろみ再々婚!これまでの恋愛・結婚・迷言まとめ

3度目の結婚を発表した、郷ひろみさんの恋愛・結婚・迷言をまとめました。|徳武利奈、松田聖子、二谷友里恵、大根田名美、石原真理子、お嫁サンバ、しゃべくり007、ダディ、ふぞろいな秘密、さらば愛しき人よ、天皇の料理番

更新日: 2018年07月14日

2 お気に入り 495960 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

curatorさん

歌手の郷ひろみさん(56)が30代前半の一般女性と3度目の結婚をすることが30日、分かった。郷さんは自身の公式サイトで直筆文書を公表。

彼女との出会いはおよそ2年前でしたが、僕の両親もとっても気に入ってくれています。そして何よりも僕が安心できるのは、彼女が僕よりも僕の両親のことを思い、いたわってくれるということです。

お相手は元タレントで大手化粧品メーカーに勤務する徳武利奈さん。郷は「恋人以上の運命の人に出会えた。人生の選択として非常に大きな出会いだった」とまで友人に話している。

■恋愛・結婚と迷言

松田聖子

1985年 (昭和60年) 1月、交際を公にしていた松田聖子が突然単独で、
東宝スタジオの食堂にて涙の破局会見を行った。

会見で松田は「生まれ変わったら一緒になろうねと話し合った」

と語ったが、ここから1ヵ月後に神田正輝と結婚を発表した。

後に郷は、「会見することも知らなかった。あんなセリフも言っていない。僕が生まれ変わって虫だったらどうする気だろう?」

とジョークを交じえて否定した。

二谷友里恵

六本木のディスコで郷が一目ぼれし声をかけ出会った

東京白金台カフェのオープンテラスで写真誌に2ショットを撮られる。

1987年 (昭和62年) 6月、二谷友里恵と結婚。

結婚披露宴の模様はフジテレビが中継し、視聴率47.6%を記録 (披露宴中継、歴代最高視聴率) 。
結婚後、2年間ニューヨークに移住するなどし、2女を儲けた。

結婚から11年で離婚。養育費として1億5千万円を支払う。
離婚の際発表した離婚告白本『ダディ』はミリオンセラーとなる。

大根田名美

投資家の大根田勝美が郷ひろみに縁談を持ちかけ、娘の名美がショップ店員をしていたところへ郷が訪れるかたちで出会う。

京都の料亭で写真誌に撮られ交際が発覚。

「一日の23時間55分が郷ひろみであり、残りの5分間だけが原武裕美に戻る時間。原武裕美は結婚しても郷ひろみは結婚しない。」

2001年 (平成13年) 3月、年内いっぱいで日本での芸能活動を一時休止し、妻の実家のあるニューヨークに移住することを発表。

2005年 (平成17年) 4月21日、二度目の離婚。慰謝料なし。

2人は元々互いに好みではなかったが、父親の大根田勝美がお金は充分に貯えたから今度は娘の結婚相手に一流スターを迎えたいと積極的だったため結婚に至った。

「僕はこれからもなおいっそう努力して、郷ひろみを極める。」
とコメントした。

石原真理子

芸能ネタとなった石原真理子の自伝『ふぞろいな秘密』の中で、共演映画『さらば愛しき人よ』のロケ先で郷と肉体関係になったと書かれた。

「お嫁サンバ」の着うた要望が殺到

2007年 (平成19年) 6月、「お嫁サンバ」の歌詞「恋する女はきれいさ〜」の「女」の部分に100種類の女性の名前を入れた「着うた」の配信を開始。

かつての交際相手「せいこ」 (松田聖子) 、元妻「ゆりえ」 (二谷友里恵) 、前妻の「なみ」 (大根田名美) の名前もエントリーされた。

披露宴で「恋する紀香は……」と歌ったのが反響を呼び、「着うた要望が殺到したから」

『しゃべくり007』で

「AVは観たことないし一切持っていない。
家に取材に来ても良いよ!」

「今までの5人としか付き合ったことがない。水を飲めば性欲を抑えることができる。」

リンク

1 2