1. まとめトップ

郷ひろみ、徳武利奈との再々婚に見る歴代の奥さん&彼女たち

2012年(平成24年)3月31日、徳武定祐の次女で元タレント、現在は化粧品会社に勤務している女性と入籍。郷にとっては3度目の結婚である。

更新日: 2012年03月31日

1 お気に入り 44598 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zikillさん

徳武利奈ってなかなかキレイな人。

郷 ひろみ (ごう ひろみ、1955年10月18日 - ) は、日本の歌手、俳優である。本名、原武 裕美 (はらたけ ひろみ) 、男性。

1978年 (昭和53年) 、ロサンゼルス在住の日系アメリカ人女性と破局。1985年 (昭和60年) 、祇園の芸妓と浮名を流し、六本木のクラブのNo.1ホステスと『フライデー』される。

1985年 (昭和60年) 1月、交際を公にしていた松田聖子が突然単独で、東宝スタジオの食堂にて涙の破局会見を行った。この会見で松田は「生まれ変わったら一緒になろうねと話し合った」と語ったが、ここから1ヵ月後に神田正輝と結婚を発表した。また後に郷は、「会見することも知らなかった。あんなセリフも言っていない。僕が生まれ変わって虫だったらどうする気だろう?」とジョークを交じえて否定した。

1986年 (昭和61年) 、六本木のディスコで郷が一目ぼれし声をかけ出会った二谷友里恵と、東京白金台カフェのオープンテラスで写真誌に2ショットを撮られる。
1987年 (昭和62年) 6月、二谷友里恵と結婚。結婚披露宴の模様はフジテレビが中継し、視聴率47.6%を記録 (披露宴中継、歴代最高視聴率) 。結婚後、2年間ニューヨークに移住するなどし、2女を儲けた。
1998年 (平成10年) 4月、結婚から11年で離婚。養育費として1億5千万円を支払う。離婚の際発表した離婚告白本『ダディ』 (幻冬舎) はミリオンセラーとなる。

1999年 (平成11年) 、投資家の大根田勝美が郷ひろみに縁談を持ちかけ、娘の名美がニューヨークのアルマーニでショップ店員をしていたところへ郷が訪れるかたちで出会う。京都の料亭で写真誌に撮られ交際が発覚。
2000年 (平成12年) 10月、交際していた大根田名美と11月に結婚すると発表。ファンに対して「一日の23時間55分が郷ひろみであり、残りの5分間だけが原武裕美に戻る時間。原武裕美は結婚しても郷ひろみは結婚しない。」と説明した。

2006年 (平成18年) 12月6日、芸能ネタとなった石原真理子の自伝『ふぞろいな秘密』の中で、1987年(昭和62年)春頃、共演映画『さらば愛しき人よ』のロケ先で郷と肉体関係になったと書かれた。

2012年(平成24年)3月31日、徳武定祐の次女で元タレント、現在は化粧品会社に勤務している女性と入籍。郷にとっては3度目の結婚である。

1