1. まとめトップ

スマートフォン&パソコンの性能の比べ方(CPU編)~Windows,Android,iPhone~

「スマホもパソコンも性能いろいろ書いてあるけど意味が解らない・・・・どれ買えばいいの?」という方のための解説。情報機器パソコンの頭脳であるCPUについてのまとめ。

更新日: 2014年06月30日

dpartyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
45 お気に入り 59754 view
お気に入り追加

CPUって何??デザリングって何?? わけわからん言葉がいっぱぁいo(T△T=T△T)o

central processing unit 和訳すると、中央演算処理装置のことです。余計わからないかもしれないですが、パソコンやスマホの中でいろんな計算を行う部品です。

最近はパソコンだけでなく、スマートフォンにもかなり高性能なCPUが搭載されるようになり、機種を選ぶ際の重要性も大きくなってきています。

ほんまこのレポート家電オタクにならな終わらん。パソコンの性能高いとかcoreとか全然わからん(;_;)ほんまJoshinとかに聞きにいきたい。誰かパソコン得意な人おらんの!

純粋な処理速度(軽快に動くかどうか)を判断する上では最重要部品と考えてよいです。

CPU以外にも
・メモリ
・グラフィックチップ
・ストレイージデバイス
などなど、複数の部品によって性能は決まりますが、「CPUは最高性能だけどメモリはちょっとしか乗ってない」「CPUは一番安物だけどストレージは高速」みたいに、アベコベになっていることはほぼありませんので、CPUを基準に考えて問題ありません。

■どんな種類がある?~パソコン向けCPU~

おおまかに、性能・価格・消費電力で違いがあり、搭載するパソコンの用途によって最適なものが異なります。(長時間外で使うノートパソコンには消費電力が低いCPU。仕事に使うパソコンは消費電力や価格が高くても高性能なもの。などなど)

intel Core i7-2000番や3000番台の数字のものです。(core i7-2670QMなど)
※3000番台の第3世代core iシリーズ(IvyBridge)は2012年3月末現在未発売。夏までに発売される予定。

CPU内部のコア数は4個(クアッドコア)がメインで、クアッドコアのモデルはHT(ハイパースレッディング)によって8スレッド動作します。※スレッドやコアは多い方が高性能で処理が速いと思ってください。

intel Core i5やCore i3が該当します。(core i5-2520Mなど)
コア数は2個もしくは4個です。性能と価格のバランスが良いのが特徴です。

intel PentiumやCeleronやAtomが該当します。性能は最も低い部類ですが、非常に価格が安いことが魅力です。また、性能が低いとはいえ、数年前のPCと比べれば非常に高性能なので、特に重たい作業以外では不便は感じません。

※ただしAtomは「ネットブック」や「ネットトップ」と呼ばれるシンプルな用途のパソコンや、省電力を最優先したパソコンのためのCPUですので、性能は他のものよりもかなり劣ります。

intel製のCPUであれば、
1. Core i7
2. Core i5
3. Core i3
4. Pentium
5. Celeron
6. Atom
の順に高性能となります。

同じCore i7やi5でもいくつか種類がありますが、その場合は後に続く数字が大きい方が高性能と思って問題ありません。※例:Corei7-2670QMはCorei7-2620QMより高性能)

また、「Corei7-2700K」とか「Corei5-2520M」のように、末尾に着くアルファベットにも意味があります。

■末尾にKが着いているもの
発熱・消費電力と引き換えに、動作を高速化させる(オーバークロック)ことが出来るものです。デスクトップの自作パソコンで人気のタイプですが、メーカー製PCだとあまり関係しません。

■末尾にMがついているもの
ノートパソコンや液晶一体型パソコン向けの、消費電力や発熱の低いタイプです。同じCore i7で続く数字(2620など)も同じくらいなら、Mの付いたモバイル向けCPUの方が性能は低くなります。

■どんな種類がある?~スマートフォン向けCPU~

クアッドコアに加えて、バッテリーセーバーコアを持つCPU。高性能なAndroidタブレットで主に採用されており、スマートフォンではARROWS X F-10DやARROWS Z ISW13Fで採用されている。

また、12コアのGeForce GPUを搭載することで、従来のTegra 2の3倍程度のグラフィックス性能を持つ。

デュアルコアを持つ、2012年夏モデルの国内スマートフォンで、最も多く採用採用されているCPU。GalaxyS3やXperia GX等の高性能モデルだけでなく、比較的省電力なモデルでも採用されている。

演算およびグラフック性能でNVIDIA Tegra3に劣るが、消費電力と性能のバランスが良い。

2Tegra3よりも高性能で、012年冬~2013年夏モデルで主に採用されたクアッドコアCPU。

Xperia A, Xperia Z, HTC J Butterfly等多くの機種で採用。

Tegra3やSnapdragon S4Proを大幅に凌ぐ性能を持つ。国内Android端末としては、REGZAタブレット等で採用。

クアッドコア・2GHz以上のCPU搭載の最新SoC。2013年冬モデル以降のスマートフォン採用の主流CPU。

■パソコン&スマホ関連まとめやリンク集

1





スマホ関連まとめ
・スマホの比較方法 www.bit.ly/1AuJ2g6
・電池持ち改善 www.bit.ly/McryPc
・性能ランキング www.bit.ly/K5q7uP

このまとめに参加する