1. まとめトップ

人生楽しもうぜ!高橋歩の名言集 ~Love&Free~

自由人・高橋歩さんの名言集。彼の言葉は、本当に心に響くものが多いですね。刺激になり、元気が出て、勇気がわいてきます。

更新日: 2012年04月01日

237 お気に入り 126994 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

oussie358さん

「夢は逃げない。
逃げるのはいつも自分だ。」


「放浪しちゃえば?」


「物事は成功するか失敗するかじゃねぇ  
成功するまでやるかだ!」


「人生楽しんだ奴が最強。」


「ごちゃごちゃ言うな、やればわかる」


「遊ばざる者、働くべからず」


「ポジティブでもなく 
ネガティブでもなく 
リアルに…」


「ガキができるまでに 
自分の好きなことで
飯食えるよーにしとくこと」


「自分の仕事を嫌ってるような
クソッタレだけにはなりたくない」


「自分は、どうしたいか。
本当は、すべて知っているだろう?」



「泣きながら、笑いながら、
そして、飲みながら。
自分の道を、胸を張って。
勝手に生きろ。」


「自分の未熟さを、
生まれつきの才能のせいにするなんて、
両親に失礼な奴だな。」


「大人がマジで遊べば、それが仕事になる。この法則、知ってた?」


「天はすべての人に、役割を与えている。 
あなたは、どんな役割を担当する人ですか?」


「NO RAIN NO RAINBOW  
雨が降るから、虹もでる」


「やりたい事ができないのは、本当に結婚や子供が理由なのか?
まず自分にそう問いかけた方がいい。」


「俺たちの生活は、複雑になりすぎてるのかもしれないない。」


「愛と自由!!!
新しい挑戦をすると、次から次へと大変なことが起こるけど、
オレはそれを「教材」って呼んでる。」


「人間のココロに棲んでいるアッタカイモノだけは、
今も昔も、東洋も西洋も、本質的には変わらないと思うから。」


「自由も、幸せも、なるものではなく、感じるもの。
もっと、肌で。もっと、もっと、身体で。
自分の感性を大切にしてあげたいな、って想う」


「不安?恐れ?心配? 
そんなもの常にあるよ~、そりゃ。
でも、やるけどね(笑)」


「強い奴ほど、やわらかくて、優しいんだよなぁ。
俺も、そうありたいね」


「永遠に雑魚であれ」


「まず、やりたいことやろうぜ~。
んで、それを、どうやって金にするかは、
やりながら考えるべ」


「好きだからやってる、以上です!」


「まぁ、とりあえず、飲もうか♪」

「サヤカの喜んだ顔が、好きだ。
ごちゃごちゃ能書きをたれる前に、まずは、
この女性を喜ばせることから始めよう。」


「何かを選ぶということは 
何かを捨てるということ。
誰かを愛するということは 
誰かを愛さないということ 
あなたにとって大切な人は誰ですか?
大切な人を大切に。」


「自分の旗」を掲げるとしたら、
大きな文字で何と書く?」


「自分の女さえ幸せに出来ないやつに、
日本も世界も幸せに出来るか!」


「ヒトツヒトツノ コトバニ アイヲ」


「頭はシンプルに 行動はパワフルに」


「愛されたいと願うばかりで 
愛することをわすれてないか?」


「BELIEVE YOUR トリハダ。 
鳥肌は、嘘をつかない。」


「ビビッ!ってくるものを信じよう。」


「倒れるときは、前のめり。」


「わくわく」センサーに従って、
進路をズバッと決めてしまうこと。」


「一生にひとり、「この人!」に出会えば、幸せになれる。
一生にひとつ、「この仕事!」に出会えば、幸せになれる。
大切なのは、探すことをやめないことだ」


「選び疲れるより
歩き疲れて眠りたい」


「人を愛するということは、
その人の人生を知るということ。」


「Hotな虫けらでいたい ずっと」


「たまには もにょもにょ しようぜ。」


「努力が報われない? 
結果をだして
初めて努力だろ?」


「俺は、ひとりでもやるぜ」


「たくさん愛する必要はない。
ひとりの人を心ゆくまで愛してごらん。
そのほうが、本当の「愛」がわかるから。」


「ふたりがひとつであるために。
ふたりがふたりであるために。」


「自分の心の声に正直に。」


「辛い夜には、ひとり、
自分の人生の主題歌を唄おう。」


「変えられることを 
変える勇気を」


「どうせなら、自伝になるような物語を生きよう。
そして、人生の主人公であり続けよう。」


「ヒントはあるが、ルールはない」


「お金はもちろん欲しいけど、
「誰かと優しく向き合って過ごす時間」っていうのが、
いちばん欲しいのかもしれない。」


「せっかく追いかけ始めた夢を、
自分の才能やセンスがないことにして、 
あきらめるのは勝手だが、何か寂しい。」


「ひとつふたつの言葉や行動で、
オマエを判断しやしないさ。
オレは審査員じゃない。
トモダチなんだぜ。」


「たった一度の人生。
好きなことやんないで、何やんだよ。」


「大事なことは、
「今のオレは日本一がんばっているんだ」
と言いきれること。」


「大好きな人のために生き、
大好きな人のために死ぬ。
それほど、幸せな人生はない。」


「自分の色があるからこそ、
誰かと一緒に虹が創れるんだ。」


「夢を追うのは、ギャンブルじゃない。
あきらめなければ、必ず勝てるゲームだ。」


「今、何をするかで、過去の意味も変えていける。
今、何をするかで、未来のカタチも創っていける。」


「どんなに辛いことがあっても、苦しいときも。
必ず、すべてに意味がある。
この苦しみは、この不運は、この痛みは、この理不尽は、この絶望は・・・
必ず、俺に何かを伝えようとしている。」


「ただ、毎日の暮らしの中で、
「自分が美しいと思う行い」を積み重ねていけばいいさ。」


「せめて、この胸の痛みが、
新しいおれの誕生であって欲しい…」


「ハッピーに生きていくために、一番大切なこと。 
それは、きっと、自分を知るということ。」


「億転び、兆起き」


「足踏みしてても靴の底は減るぜ」


「いつも心に青空を。
青空はつながっている。」


「あなたの心の中のトム・ソーヤは元気かい?」


「人生は、楽しむためにある」


「大切なことに気づく場所は、いつも、
パソコンの前ではなく、青空の下だった。」


「根拠のない自信でつっぱしれ!」


「すべては、自分が選んでる。」


「未来のために、今を耐えるのではなく、
未来のために、今を楽しく生きるのだ。」


「必要なのは、勇気ではなく、覚悟。
決めてしまえば、すべては動き始める。」


「自分を知るためには、
自分と話せばいい。
自分と話すためには、
まず、自分に質問してみればいい。
ゆっくり、ゆっくりと。
すべての答えは、かならず、自分の中にあるから。」

1972年、東京生まれ。自由人。
「(株)A-Works」「(株)play earth」「(株)アイランドプロジェクト」代表取締役。
 20歳のとき、映画「カクテル」に憧れ、大学を中退し、借金だらけで仲間とアメリカンバー「ROCKWELL'S」を開店。2年間で4店舗に広がる。店の仲間を中心に「サークルHEAVEN」を設立。「死んだらゴメンツアー」と呼ばれるギリギリのイベントを多数開催するが、運良く、死なず。 23歳のとき、自伝を出すために仲間と「サンクチュアリ出版」を設立。数々のヒット作をプロデュース。自伝の『毎日が冒険』もベストセラーを記録。26歳で結婚。結婚式の3日後、すべての肩書きをリセットし、妻とふたりで世界一周の大旅行に出かける。約2年間で北極から南極まで、世界数十ケ所を放浪の末、帰国。2000年12月、沖縄へ移住。仲間と「~カフェバー&海辺の宿~ビーチロックハウス」をオープン。現在は沖縄に住み、二児の父親として子育てに燃焼しながら、東京とニューヨークにオフィスを持つ出版を中心としたファクトリー「A-Works」、世界中に飲食店を展開する「play earth」、沖縄に音楽と冒険とアートの溢れるアイランドビレッジを創る「アイランドプロジェクト」の代表として活躍中。執筆活動や全国でのトークライブ(講演)も行っている。
 著書に『毎日が冒険』『LOVE&FREE』『Adventure Life』『人生の地図』『World Journey』『イツモ。イツマデモ。』など多数。

1