1. まとめトップ
153 お気に入り 1801442 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

マッスル北村

マッスル北村 本名 北村克己 1960年10月6日~2000年8月3日 東京都生まれ

アジア人としては規格外のバルクと怪力を誇った、知る人ぞ知る伝説のボディビルダー

ボディービルと出会う前

・ダントツの体力の持ち主であり、中学の健康診断の肺活量測定では、メーターを振りきる。
・成績もトップクラスで理想的な優等生であった。

「限界への挑戦」

・中二の夏。連続16時間という無謀なサイクリングに挑戦し、病院に運び込れる。
・自分を殺すくらいの勢いで長距離サイクリングやマラソン、拳立てふせを繰り返す。
・東京~仙台間の連続サイクリングの際も脱水症状で病院に運び込まれる。
・ゲームセンターのパンチングマシーンを2台故障させる。

ボディビルとの出会い

・2浪の末東大に合格する。
・偶然東大ボディビル部の先輩と出会い、進められるまま関東学生選手権に出場する。
 →55kg程度自らの肉体に情けなさと激しい怒りがこみ上げる。

・東大に通わず、日雇いのアルバイトで金を稼ぎ、狂ったようにトレーニングする
・1年程で96kgまで増量する。
・2年後の関東学生選手権を圧倒的実力で優勝する。
・社会人大会へとステップアップしていく。

「筋肉を大きくする為ならば何でもやる」

・「普通の食事」以外に、卵を20-30個、牛乳を2-3リットル、さらに鯖の缶詰を3缶、加えてプロテインの粉末300gを毎日摂取する。
・食事消化吸収のために、消化剤を大量に摂取する。
・さらに筋肉のサイズアップのため、鶏肉をミキサーにかけペースト状にしたものを大量に摂取する。

結果、ボディビルを始めて僅か10ヶ月で40kgの体重増加に成功する。ボディビルに集中した取り組みのために、大学の授業に全く出席せず、最終的に東京大学を中退している。

・高重量のダンベルで過酷なトレーニングに挑んだ結果、胸や腕の筋肉を断裂する。
・過激な減量を行い、身体中の電解質が不足したり、低血糖症のために倒れ、何度も救急車で病院に搬送される。

こんなこともありました

・日本人ボディビルダーとしては前例がないほどのサイズを誇り、現役時代はドーピングを疑われる。
・『グラップラー刃牙』の作者板垣恵介は、筋肉の作画参考のため、実際にマッスル北村に筋肉を見せてもらう。

事実上の「飢え死」となる。

・2000年8月3日、ボディビルの世界選手権へ向け
炭水化物をカットしてオリーブオイルなどの良質の油をエネルギーとする「オイルダイエット」を行い、最後の仕上げにオイルをカットし少量の炭水化物で仕上げる方法をとる。
→しかし、予想以上に基礎代謝や運動によるエネルギー代謝が大きく、計算していた食事の量では足りなくなり、にわかには信じがたいが、飢え死にする。

餓死の要因

・いざというときの予備燃料である「体脂肪」が全く無かった。
・必要最低限のエネルギーが補給されないと死んでしまうため、普通は防衛本能が働いて食事をするはずなのだが・・・
→精神力が肉体の限界を超え栄養を取らなかった。

成績

1985年:IFBB ミスターアジア90kg以下級(ライトヘビー級)優勝
1990年:WABBA 世界選手権4位
1999年:WABBA 太平洋世界選手権 総合優勝
1999年:NPC トーナメント・オブ・チャンピオンズ(ヘビー級)3位

1