1. まとめトップ
  2. カラダ

美肌、ダイエット、疲労回復も 飲むサラダ「マテ茶」の効能

最近ブームになっている「マテ茶」の効果、効能について調べてみました。

更新日: 2012年04月03日

360 お気に入り 436359 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tsukasansanさん

■「マテ茶」とは

マテ茶(Mate)は、南米を原産とするイェルバ・マテの葉や小枝を乾燥させた茶葉に、水または湯を注ぎ成分を浸出した飲料。地域によっては、イェルバ・マテを使わなくても乾燥茶葉に水や湯を注いだ飲料を一般にマテと呼ぶこともある。

■ビタミン、ミネラルたっぷりの「飲むサラダ」

ビタミンやミネラルの含有量が極めて高く、飲むサラダとも言われている。このため、コーヒーや茶と同様の嗜好品ではあるが、単なる嗜好品の枠を超えて、野菜の栽培が困難な南米の一部の地域では重要な栄養摂取源の一つとなっている。

■さまざまな嬉しい効果・効能が

マテ茶には美容や健康に嬉しい効能が数多く期待できるようです。

【1】ダイエット効果

マテ茶の抽出物が脂肪の吸収を抑え、コレステロールを抑える働きが見込めるとのことで、ヨーロッパでは、マテ茶・ガラナやダミアナの抽出物をカプセルにして飲み続けたことで体重が著しく変わったという報告が。そもそも、お肉の食事が多いアルゼンチンの方々が野菜不足を補うために飲んでいるお茶だけに期待できそうです。

食欲中枢に働きかけて食欲をおさえる効果があります。さらに、胃の中に食べ物を長くとどめておく働きがあるため、満腹感を早く感じ、自然に食事の量をコントロールできます。

【2】美肌効果

豊富に含まれるミネラルやビタミンが美肌に導き
代謝を助けてメタボにも効果

ビタミンAが豊富、肌を美しくし、眼精疲労にもよいです。

【3】疲労回復

グリコーゲンを製造し、血中の疲労物質を減少させ、疲労回復を促します。

【4】冷え性改善

マテ茶はテオフィリンやテオブロミンの成分が含まれており、この成分が血管を拡張させる、冷え症を治す効果が大きいことがわかっています。

【5】抗酸化作用

マテ茶にはポリフェノールの含有量が多く(その抗酸化能は緑茶やワインなどよりも高い)、マテ茶を飲んだ健康な若い女性の血液には、老化の原因となる活性酸素を消す酵素の量が増えたという実験結果も。

【6】消化器の活発化

胃酸、胆汁、膵液の分泌を促進、消化器の働きを助けます。

■リンク

1 2