1. まとめトップ

IT猫背を防ぐための正しい姿勢とストレッチ―パソコン病

パソコン使用時の正しい姿勢、骨格の変形を防ぐストレッチ、椅子や机の選び方などをまとめました。

更新日: 2015年08月17日

379 お気に入り 176784 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yamadayamaさん

悪い姿勢でパソコンをすると骨格が…

パソコン作業などの姿勢が骨格の変形を招き、腰椎の前弯が消失し顎を突き出したような姿勢になります。すると、肩は丸まり、背中は猫背になってしまいます。

この首が歪んでしまった状態を「ストレートネック」と言います。
パソコンを使用して仕事をする人達にはどうしてもついて回る問題のため、
IT猫背(パソコン病)とも言われています。

ストレートネックと猫背は多くの場合にセットで起こります。
猫背によって肩甲間部(肩甲骨と肩甲骨の間)の慢性的な痛みや辛さを招き、猫背のカーブの強い場合には浅呼吸になり、自律神経のバランスを崩してしまう場合もあります。

このような状態になってしまうと「肩こり、頭痛、首コリから始まり、吐き気、腕や手のシビレ、めまい」といった問題が生じてくるそうです。

ストレートネック対策のストレッチ

他にも「10から12メートル先を見て歩くと自然と姿勢が良くなる」そうです。

パソコンをする時の正しい姿勢とイス・机の選び方

上の富士通のリンク先にある画像です。
こんな感じで分かりやすく説明されています。

パソコンをする際のダメな姿勢をしていると何処に負担がかかるのか、
良い姿勢に修正するにはどうすればいいのか教えてくれる動画です。

1