1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

韓国のフェリー「セウォル号」沈没事故で、聯合ニュースは二十二日、南西部の全羅南道順天(チョルラナムドスンチョン)市内で六月に発見された変死体が、運航会社会長、兪炳彦(ユビョンオン)容疑者=背任容疑などで指名手配=である可能性があると報じた。兪容疑者の兄のDNAとほぼ一致したという。

 警察によると、変死体は六月十二日、順天市内の畑で腐敗した状態で見つかり、身元確認のためDNA鑑定を依頼していた。

 これに先立ち、仁川地検は二十一日、兪容疑者の逮捕状の有効期限が二十二日に切れることを受け、有効期限六カ月の逮捕状を再取得した。

 地検は五億ウォン(約五千万円)の懸賞金をかけて行方を追っていた

1