1. まとめトップ

「タイタニックのテーマ曲が大嫌い!」とケイト・ウィンスレット(インタビュー翻訳)

『タイタニック』のローズ役で世界を泣かせたケイト・ウィンスレット。インタビューで「あのテーマ曲大嫌い!吐きそうになる」と激白。彼女の気持ちを理解するためにインタビューを和訳してみました。

更新日: 2012年06月12日

1 お気に入り 14152 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sugoinaさん

3D版が公開されて、再び注目を集めている映画タイタニック。
セリーヌ・ディオンが歌うテーマソング My Heart Will Go On が有名ですが・・・

主演女優ケイト・ウィンスレットは「吐き気がするほど嫌い」なのだそうです。

I feel like throwing up when I hear it. No, I shouldn't say that. No, actually, I do feel like throwing up

私、あれを聞くと吐きそうになります。こんなこと言ってはいけないのかもしれないけど、ホントに吐きそうになるんですよ。

I wish I could say, 'Oh listen, everybody! It's the Celine Dion song!' But I don't.

「みんな聞いて!セリーヌ・ディオンのあの曲よ!」と言えればいいんですけど、無理なんです。

I just have to sit there, you know, kind of straight-faced with a massive internal eye roll.

ただ真面目くさった顔で座ったまま、頭の中で目をグルグル回してるの。

Every time I go into a bar in a hotel where there's a live pianist, or into a restaurant where they're changing their music according to who walks into the door, it's thrilling for people to 'surprise me' with that song.

ピアニストが生演奏しているホテルのバー、あるいは入店客を見てBGMを変えるレストランに行くたびに、あの曲で私を驚かそうとするんじゃないかと冷や冷やさせられます。

I did a talk show recently in Italy and they actually had a live pianist who started gently playing the theme song

この前イタリアでトークショーに出たら、ピアニストがあのテーマソングを優しく弾き始めたんですよ。

I was not even gently, rather severely, urged to go and sing it as though I had in fact sung it myself in the first place. It was like, 'No! I'm not going to do that.' They're like, 'Oh no, come on it will be funny.' No, it won't be funny. At all.

まるで私が元々歌っていた曲であるかのように、無理矢理歌わされそうになりました。優しい演奏と違って強引にね。私は「いやよ。歌わない」と言うんですが、彼らは「歌ってよ。楽しいよ」って。こっちは全然楽しくないですよ。

と、心の奥底からタイタニックのテーマ曲が嫌いなケイト・ウィンスレット。

彼女を呼ぶ機会があったとしても、絶対にあの曲だけは流さないようにしましょう。

関連リンク

1