1. まとめトップ

【日本最大の獣害】三毛別羆事件まとめ ※夜は視聴注意

1915年(大正4年)12月9日 - 12月14日にかけて、北海道苫前郡苫前村(現:苫前町古丹別)三毛別(現:三渓)六線沢で発生した、日本国内で最も大きな獣害(じゅうがい)事件。羆が数度にわたり民家を襲い、当時の開拓民7名が死亡、3名の重傷者を出すという被害があった。(ウィキペディアより)

更新日: 2019年08月28日

189 お気に入り 2124449 view
お気に入り追加

【事件を描いた小説】

ヒグマを描いたその他の小説

第2、第3の獣害事件

2015年9月、巨大ヒグマを捕獲

北海道紋別市のトウモロコシ畑で9月下旬、体重約400キロにもなる雄のヒグマが捕獲、駆除された。地元住民が「メタボ体形」と冗談で呼ぶほどの巨体で、猟友会の男性(71)は「300キロでも大きい方。40年以上ハンターをしているが、こんなクマは見たことがない」と驚いている。

人間社会に近づく羆

北海道におけるヒグマの生息数

北海道庁は2013年6月26日、12年ぶりのヒグマの生息数調査の結果を道議会で公表した。推定生息数は2244~6476頭と前回調査の約2倍になった。近年、目撃数や捕獲数が増加傾向にある。

ヒグマが人間社会に近づく要因

ヒグマは学習能力が高い。農作物やゴミなどの味を覚えた結果、頻繁に民家近くに出没。時には人を攻撃する個体が存在するようになる。

本州のツキノワグマの「人食い事例」

関連サイト

1 2 3