ヌクレオチドを作る「塩基・リン酸・糖」は始終水に浸された状態ではお互いに結び付きにくい。なぜなら、水分が「抜ける」ことで初めて塩基とリン酸は糖と結び付くことができるようになるからである。
つまり、DNAの元となるヌクレオチドという部品は、浸水と乾燥が繰り返される「海のなぎさ」のような場所で形成されやすく、それは陸地があるほうが都合が良いのである。

出典火星人は誰だ? 生命の起源を追った先で出会ったのは…。: 英考塾

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

コズミック フロント「僕らはみんな火星人!?最新探査で迫る生命の起源」

地球生命は火星から来た生命の子孫だという大胆な仮説が注目されている。NASAの最新探査の成果をもとに、いま明らかになった真の火星の姿を描き、生命の起源に迫る。チャンネル:BSプレミアム放送日: 2012年4月10日(火) 放送時間:午前8:00~午前9:00(60分)

このまとめを見る