1. まとめトップ

特定条件で二次使用フリーになるキャラ・作品まとめ

HPやブログでの画像使用などで特定の条件を満たしていれば版権フリーとなるキャラクターをまとめます。非営利の場合は無料でも、商用目的の場合に料金が必要となるキャラもいるので注意が必要です。

更新日: 2013年04月14日

0 お気に入り 15223 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

qvarieさん

ローカルヒーロー

サスライド

社団法人狼煙工房の“HELLO HERO PROJECT”から誕生したヒーロー。サスライドとサムライドという2人のヒーローが登場しています。
東日本大震災の被災地の子どもたちを励ますために、特撮ヒーローのような厳しい版権にしばられないキャラクターショー活動のために誕生したヒーローです。
典拠のブログなど著作権フリーと記述されているブログがあるのですが、公式HPにはガイドラインらしきページが無いようです。

日本橋戦隊バシレンジャー

日本橋コスプレまつりの公式キャラクターとして誕生した大阪府のローカルヒロイン。
バシレンジャー紹介ページにある画像素材は不快な目的でなければ加工などで、二次使用フリーとなっています。

甲賀戦士 忍ジャガー

滋賀県のびわ湖放送で不定期放送されているローカルヒーロー番組のヒーロー。ジャガーモチーフの忍者です。
個人使用での非営利目的は申請不要ですが、NPOなどでの版権フリー使用の場合は申請が必要です。
営利目的は商品販売が該当します。
http://fujiigumi.sakura.ne.jp/aminchu/bangumi/b_njg_shinsei.php

変身戦士PR-X

鹿児島県のアドベンチャーが制作した、地元企業PR用ヒーロー。
PR-Xの素体に企業ロゴなどを入れると、オリジナルヒーローができあがるシステムになっています。
企業・団体によっては版権フリーになるかもしれません。

その他のご当地キャラ

東北ずん子

ずんだもちをモチーフにした擬人化キャラクターです。
非営利目的・同人誌での使用なら二次創作が可能で、商用目的なら東北地方の企業に限りOKとなっています。

知ったかぶりカイツブリ

滋賀県のカイツブリをモチーフにしたご当地キャラで、びわ湖放送でアニメなどの番組が放送されています。
個人的使用なら非営利目的なら版権フリー使用可能で、営利目的(物品販売が対象)の場合は審査と料金が必要となってきます。
http://www.fujiigumi.com/kaitsuburi/shinsei/

企業キャラクター

クラウディア・窓辺

マイクロソフトのWindows Azureのキャラクター。
公式HPで非商用目的の二次創作使用条件が書かれています。例えば、同人誌は無償目的ならOKとなっています。著作権はマイクロソフトに帰属する条件となっています。

TVキャラクター

版権フリー戦士シュクダイダー

テレビ朝日系列のサッカーバラエティ番組『やべっちFC』から誕生したキャラクターです。
版権フリーが売りとなっているのですが、実際はテレビ朝日が著作権を所有しています。
YouTubeで視聴者サッカーテクニック動画を投稿する企画で活躍していました。

漫画

ブラックジャックによろしく

原作者・佐藤秀峰先生が、'12年9/15より商用でも2次利用OKを宣言したことが話題になっています。
使用条件は原作者の名前を記入していればOKとのことで、簡単になっています。

BGM

関連HP

1