1. まとめトップ

パキスタンの文化的ドレス『シャルワール・カミーズ(民族服)』が美しい。

つい先日の夏コレクションで発表されたGul Ahmedの最新のデザインです。ここ数年のデザインは町中でも着用できる様になってきてると思います。ローラが着用して爆発的ヒットとはならないかな、9歳までバングラデシュへ移住していたみたいですし。個人的に好きな服です。

更新日: 2012年05月21日

61 お気に入り 51499 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

サルワール・カミーズ(英語:Salwar Kameez, ヒンディー語:सलवार क़मीज़, ウルドゥー語:سلوار قمیض)は南アジアの民族衣装。シャツを意味する「カミーズ(क़मीज़ قمیض)」と、ズボンを意味する「サルワール(सलवार سلوار)」のセットで着用される。女性は更に「ドゥパッター(दुपट्टा دوپٹا)」と呼ばれるストールを組み合わせ、3点セットで着用することが多い。(Wikipedia)

日本では「パンジャビ・ドレス」、または、略して「パンジャビ」という呼び方が一般的。旅行ガイドブックの『地球の歩き方』にこの呼び名が書かれていたため、日本で定着したものと思われるが、南アジアでは通じないことが多い。ただし「パンジャービー・スーツ(Punjabi Suits)」という呼び方はインドでも用いられることがある(現在ではパンジャーブ地方だけに限らず、全インドで着用されている)。 (Wikipedia)

パキスタンやアフガニスタンの男性用サルワール・カミーズは、インドでは「パターニー・スーツ(パターン人の衣装)」と呼ばれ、女性用サルワール・カミーズと区別される。(Wikipedia)

関連リンク

1