1. まとめトップ

LEGOとLOGO カメ型ロボットと子供プログラミング

ウォルターの亀(ウォルターのかめ)またはマシナ・スペクラトリクスとは、ウィリアム・グレイ・ウォルター(en:William Grey Walter)が1950年代に創造した(実在した)ロボットである。元祖教育プログラム

更新日: 2016年12月31日

1 お気に入り 6737 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

twcritiqueさん

http://obadger.com/turtle/
Welcome to JavaScript Turtle Graphics! Type your commands at the prompt and see them faithfully executed by our eponymous turtle. Press F1 to toggle between the prompt and this help screen. What's turtle graphics? From Wikipedia: "Turtle ...

教育における構成主義は、子供たちがある対象について、彼ら自身による(それぞれ違った)理解を組み立てるようなかたちで教育すべきである、あるいは子供たちの中に既に存在している概念を前提に授業を組み立てる必要がある、という学習・教授理論を指す。ここでの教師の役目は、子供がある対象範囲における事実や考えを見つけるのを手助けすることである。

LOGOを作った目的は、子どもが問題をよりよく考えたり解いたりできるツールを作ることであった。子どもが問題の解けるよう、「LOGOタートル」という小型ロボットが作られた(これはLOGOプログラミング言語上で再現された)。

また子どものプログラミング教育をためらう教師には「バグの体験こそコンピュータリテラシーには必要」と説いた。

Logo はカッコのない Lisp

まず前提知識として、Logo は Lisp です。プログラムは「語(word、Lispのアトム)」と「リスト(list)」から成ります。

Logo と Lisp の最大の違いは、カッコが無いことです。例えば 以下の S式

Logo is a multi-paradigm computer programming language used in education. It is an adaptation and dialect of the Lisp language; s

日本のブームが去った後も、本家アメリカではまともなLOGOの研究が進んでいました。その中で最大の転機は、LOGOが再びディスプレイから飛びだし、ロボットを制御する言語になったことでしょう。

これは知育玩具メーカーのLEGO社と、パパート教授の在籍するMITメディアラボの共同プロジェクトで実現した「LEGO TC logo」(通称:レゴロゴ)というプログラム環境で、LEGOブロックに組みこんだモーターをLOGO言語によって制御しようというものです。

1 2