暑い環境のサバイバルの場等は汗をかくことで大量の水分が必要になってしまうので、直射日光にあたることで一層体液を消耗してしまうため、日陰でおとなしくする方が活発に行動するよりも体力と水分の消費が少なくて済みます。

また海等で遭難したりして海水を飲んでしまうと、海水の塩分を尿で体の外に排泄しようとするために、海水を飲んだ量よりも更に多くの水が必要になるので、海で遭難したとしても決して海水を飲んではいけません。血液や尿も海水と同様です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

イザという時に飲み水を確保するための方法まとめ

いつ災害や遭難といった状況に陥っても良いように、生き残るために絶対に必要な“飲み水”を確保するための方法をまとめました。生き残って下さい。

このまとめを見る