・不要に体を動かして汗を流さない。汗を一滴流すたびに、生存期間が1分短くなると思うこと。
・太陽に直接当たらない。
・食事はできるだけ少なくする。食べ物の消化には多くの量の水分が必要だからだ。
・口を閉じて鼻で呼吸する。そうしないと水分が多く抜け出てしまう。夜、口を開けて寝る人は生存期間がそれだけ短くなる。前もって練習しておこう。
・気温が高いときは地面に寝そべらない。地面の温度は、気温より最高で15度高いことさえある。
・太陽や風に皮膚を露出させず、暑くても服を着て過ごす。水分の蒸発を押さえるためである。
・喉が渇いたら水を惜しまずに飲み、渇きが完全に解消されるまで十分に飲むこと。そうしてこそ最小限の身体機能を維持できる。
・昼間は日陰で休み、移動は夜間や夜明けにする。普段俺みたいに夜行性の人は有利である。

参考:http://merameraogatan.blog.fc2.com/blog-entry-45.html

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

イザという時に飲み水を確保するための方法まとめ

いつ災害や遭難といった状況に陥っても良いように、生き残るために絶対に必要な“飲み水”を確保するための方法をまとめました。生き残って下さい。

このまとめを見る