1. まとめトップ

ロト6の当て方・当てるための秘訣 予想 宝くじ

購入時に決められた番号をもらう宝くじより、自分で数字を決めるロト6の方が私は好きです。ロト6を当てるためにはどうしたらいい?それを追求する方法をまとめました。夢の実現を追及しつづけることも、人生のひとつの楽しみです。

更新日: 2019年07月19日

566 お気に入り 2537785 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

takaboo00さん

ロト6の予想サイトは多々存在しますが、このまとめでは、「当選数字の組み合わせが存在する範囲を絞る」ことを目的としています。たとえば、「組み合わせ数字の偶数奇数は半々とする」といった感じです。私が思うに、ロト6の当選数字の組み合わせは、いくつかの偏りがあります。
では、具体的に見ていきましょう。

何等が当たってもうれしいかも。あたりくじ。

■ロト6の当て方がわかる動画

あくまで我流ですが、「具体的に数字を考える」前に、「大まかに数字の方針を決める」ことが必要だと思います。その方針を建てるのに役立つノウハウを学びましょう。

■ロトの数字傾向

これまでのロトの抽せん結果を調べてみたところ、ミニロトとロト6には「12月に出やすい数字」というものが存在していた。ミニロトは「19・20・22」、ロト6は「14・19・27・35」。逆に、12月の「12」は平均を下回る出現回数なので、避けたほうがいいかもしれない。

2013年12月の記事です。

◆月曜抽せん
◎最も出やすい数字=「18」と「21」(計12回)
◎最も出にくい数字=「09」と「31」(計3回)

◆木曜抽せん
◎最も出やすい数字=「10」と「15」と「42」(計12回)
◎最も出にくい数字=「01」(計2回)

 出やすい数字と出にくい数字を比べてみると、その出現回数は最大で6倍もの差がある。

2012年4月の記事です。

11月29日に抽せんされた第642回ミニロトで、1等当せん金が理論値の4倍の4000万円になったのだ。ミニロトの当せん金は上限が4000万円と決められており、上限いっぱいになったのは過去13年の歴史で3回しかない。1回目は1999年、2回目は2005年、そして3回目が今回の2011年。見事に6年周期で現れているのだ。
また、これまでの3回とも、当せん番号に「26」と「31」が必ずはいっている。この法則を覚えておくと、6年後に4000万円を手にできるかもしれない…。

2012年1月の記事です。

■数字の出現傾向を感覚でつかむ

この動画は、単に当選数字が順番に表示されているだけですが、何か傾向をつかめそうな気がします。

■実際に当たった人の購入方法とは?

■小さいことを考えるより、大きいことを考える

小さなことを見ていると、小さなことしか気にならなくなります。(私がそうです)
だから、大きいことを見て、自分の意識を変えてみましょう。

宝くじ当選への一歩になるばかりでなく、自分の人生に対する意識も大きく変わることでしょう。

■ロト6予想サイト

さあ!ここまできたら、数字が見えてくるはず!

さっそくロト6を購入しましょう!

☆☆☆

■「クイックピック」で当たるのか?

「クイックピック」って機械任せだから、ほんとに当選するの?その事実が知りたいところですね。
ちなみに私は、toto1000の自動予想で3等を当てました。

■ロト6を実際に当てた人の教訓

実際に当たったときの購入状況、そしてその後の生活の状況がつづられた体験談をまとめてみました。当てる時、そして当たった時に役立つはずです。

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1