影牢~刻命館 真章~

影牢

1998年にテクモから発売されたアクションゲーム。

一人称視点の3Dアクション形式で、主人公自身は攻撃手段を持たない代わりに部屋にトラップを仕掛け、それに侵入者たちをおびき寄せて倒すという従来のシステムを採用している。前作『刻命館』がシミュレーションゲーム的な要素の強い作品であったのに対して、本作はコンボなどを導入することによって、アクションゲーム的色彩が強くなっている。本作品にはマルチエンディングが採用されており、選択肢や行動によってエンディングが変化する。

この情報が含まれているまとめはこちら

PS1の名作・良作ゲームまとめ

初代プレイステーション(PS)の名作・良作で巷で挙げられている面白い・おすすめなゲームをまとめてみました。量が多く一気には紹介しきれないので、時間を見つけては追加しようと思います。

このまとめを見る