1. まとめトップ
3 お気に入り 64921 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tosidenさん

ひきこさんは日本の都市伝説の一種。

内容

本名を森妃姫子という、ひきこもりの小学生がいた。
ひきこもりの原因はいじめだった。
学校に行くと、いじめっ子に足をつかまれ廊下を引きずり回された。
両親は、ひきこさんを虐待するようになった。
足をつかまれ引きずり回された。
それでも学校に行くのだけは拒否してひきこもった。

そんなひきこさんだったが、いつの頃からか雨の日は外出するようになった。
散策というわけではない。
いじめられた恨みからか、子供を襲うために。
襲われた子供は足をつかまれ、引きずり回される。
次の標的が見つけるまで、執拗に。

次の標的が見つかる頃には、ひきこさんの手には肉塊が握られている。

特徴

白いぼろぼろの服
口が裂けている
醜い
足がはやい
素手
鏡が嫌い
引っ張るぞと言うと怖がる
自分をいじめた子供と同じ名前の子は怖がって襲わない
いじめられっ子は襲わない
出現する時間が限定されている場合がある

登場年代

疑問点

妖怪化かつ強化しているのに、いじめっ子の名前が同じぐらいで怖がるだろうか。
本名が明らかになっている。
ひきこもっていたのに足がはやい。
無関係の子供を襲う理由が不明瞭。
襲われて生き残ったものは、いるのだろうか。
ひきこもりが妖怪化するのは、極低確率ということになる。

類似・関連性のあるもの

口裂け女
ターボばばあ

1