大日本帝国憲法は泥棒に盗まれた事がある

出典金子堅太郎著「憲法制定と欧米人の評論」

明治20年、横浜市の東屋旅館で金子堅太郎、伊東巳代治、伊藤博文らは憲法の文案を作成していた。その年の8月、思いの他作成が進み、気を良くしたメンバーはある夜宴会を開き、盛り上がり過ぎて酔い潰れてしまった。そこへ泥棒が忍び込み、憲法の草案の入った鞄を盗み出してしまった。しかし、文書だけしか入っていなかった為、鞄ごと塩田に捨てられていた。そして運良く発見され、以降一般人の入れない密室で作成が続けられ、明治22年、大日本帝国憲法が完成した。施行は明治23年。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

歴史トリビアまとめ

歴史ネタに関するおもしろいトリビアをまとめました。

このまとめを見る