水戸黄門は思春期の頃かなりグレていた

詳細は「小野諌草」「玄桐筆記」などに記されている。光圀の教育係、小野角右衛門著「小野諌草」によれば、「本格的にグレていたのは15~18歳の頃」で「18歳の頃、司馬遷の「伯夷伝」と言う史記を読み、兄弟の家督相続を譲り合う内容に大変感銘を受け、自分の身勝手な行動を悔い改め」更正した。

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

歴史トリビアまとめ

歴史ネタに関するおもしろいトリビアをまとめました。

このまとめを見る